ミツオカ、ヒミコとリューギの価格を変更

2016.01.20 自動車ニュース
「ミツオカ・ヒミコ」
「ミツオカ・ヒミコ」 拡大

ミツオカ、「ヒミコ」と「リューギ」の価格を変更

光岡自動車は2016年1月20日、2シーターオープンカー「ヒミコ」とセダン「リューギ」の車両本体価格を、同年1月22日の受注分から変更すると発表した。

「ミツオカ・リューギ」
「ミツオカ・リューギ」 拡大

同社によれば、今回の価格改定は、材料や生産コスト、生産台数を再考したことによるもの。
対象となるのは9モデルで、変更後には以下の価格で販売される。

【ヒミコ】
・ARDOR(FR/6AT):502万2000円
・ARDOR本革パッケージ(FR/6AT):523万8000円

【リューギ】
・15ST(FF/5MT):237万600円
・15ST(FF/CVT):258万6600円
・15DX(FF/5MT):270万円
・15DX(FF/CVT):289万4400円
・ハイブリッド(FF/CVT):329万9400円
・15ST 4WD(4WD/CVT):270万円
・15DX 4WD(4WD/CVT):300万7800円

(Clubpyme)

関連キーワード:
ヒミコ, リューギ, ミツオカ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • 安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開 2018.12.6 自動車ニュース 光岡自動車は2018年12月6日、オープン2シーター「ミツオカ・ヒミコ」の仕様・装備を一部変更すると発表した。ボディーカラーの選択肢がこれまでの7色から最大30色に拡大されるとともに、安全装備の充実が図られている。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • 「ミツオカ・ロックスター」発表会の会場から 2018.11.29 画像・写真 光岡自動車の創業50周年を記念して製作される、200台限定のオープンスポーツカー「ミツオカ・ロックスター」。その発表会が東京・港区のミツオカ麻布ショールームで開催された。往年のアメリカ車を思わせる個性的な姿を、写真で紹介する。
  • マツダ3セダン プロトタイプ(FF/6AT)【試乗記】 2019.3.9 試乗記 もうすぐ国内での販売がスタートする新型「マツダ3」。その走りを支えるマツダの新世代技術とはどのようなものなのか。同社のテストコースで開発車両に試乗して確かめた。
ホームへ戻る