ロータス、「エリーゼS」など日本初を3台展示【東京モーターショー2011】

2011.11.14 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ロータス、「エリーゼS」など日本初を3台展示

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける東京モーターショーに、日本初公開の車両を3台出展する。

一番の注目は、2011年9月のフランクフルトショーで発表された「エリーゼS」。従来の上級グレード「エリーゼSC」に代わるモデルで、最高出力220ps、最大トルク25.5kgmを発生する新しい1.8リッター直4スーパーチャージャーエンジンを搭載する。

そのほか、350psの3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載する「エヴォーラS」のオートマチック仕様「エヴォーラS IPS」や、ステアリングコラムのパドルでシフト操作ができるSPS(シリアル・プレシジョン・シフト)仕様の「エリーゼ クラブレーサー SPS」が展示される。

3台とも、日本への導入は2012年春予定とのこと。

(Clubpyme ワタナベ)

「エヴォーラS IPS」
「エヴォーラS IPS」 拡大
「エリーゼS」
「エリーゼS」 拡大
「エリーゼ クラブレーサー SPS」
「エリーゼ クラブレーサー SPS」 拡大

関連キーワード:
エヴォーラエリーゼロータス東京モーターショー2011イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る