BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロングが上陸

2016.03.25 自動車ニュース
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」 拡大

「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」日本上陸

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2016年3月25日、高性能サルーン「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」を国内で初めて披露するとともに、注文受け付けを開始した。

「BMW 750i」比で158psアップの608psを発生する、4.4リッターV8ツインターボエンジン。
「BMW 750i」比で158psアップの608psを発生する、4.4リッターV8ツインターボエンジン。 拡大
BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」のインテリア。
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」のインテリア。 拡大
センターコンソールには、独自のシリアルプレート(写真左)が添えられる。
センターコンソールには、独自のシリアルプレート(写真左)が添えられる。 拡大
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=5250×1900×1490mm。3210mmという長めのホイールベースが確保されている。
「BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=5250×1900×1490mm。3210mmという長めのホイールベースが確保されている。 拡大

BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロングは、2016年3月のジュネーブモーターショーでデビューした、高性能な4ドアサルーン。今回、2016年秋のデリバリー開始に先駆け、輸入第1号車が公開された。

注目のポイントは、アルピナが独自のチューニングを施した4.4リッターV8ツインターボエンジン。ベースモデルとなる「BMW 750Li」(最高出力450ps、最大トルク66.3kgm)を大幅に上回る、608ps/5750-6250rpmと81.6kgm/3000-5000rpmを発生する。動力性能については、0-100km/hの加速タイムが4.2秒、最高速度は310km/hと公表されている。

トランスミッションは「アルピナ・スイッチトロニック」と名付けられた8段AT。日本仕様の駆動方式はFRに限られ、4WD車は設定されない。

内外装は、アルピナオリジナルのスポイラーや20インチアルミホイール、独自デザインのシート地やトリム類、計器盤などでドレスアップされている。ハンドル位置は、右のみとなる。

価格は、2395万円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
B7, BMWアルピナ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • 第123回:タイヘンな盲点 2019.2.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第123回は「タイヘンな盲点」。「エコでサステイナブル、しかもメチャクチャカッコいい」と筆者絶賛の「BMW i8ロードスター」、しかし……。買ってみてわかった! 元i8オーナーが語るザンネンな点とは? 
ホームへ戻る