第25回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(その3)
リーフとリーフを取り巻く環境(都心ドライブ編)

2016.03.31 矢貫 隆の現場が俺を呼んでいる!?

2年半

2年半ぶりである。

リーフタクシー運転手を辞めて以来、久しぶりに「リーフ」のハンドルを握り都心を走った。そしてすぐに気がついたのは、リーフタクシーの姿がどこにも見当たらないことだった。

都内の某タクシー会社で潜入取材をしていた頃、5万台ほどある東京のタクシー(個人タクシーを含む)のなかで、リーフ(初期型)と「三菱i-MiEV」を合わせた電気自動車のタクシーは個人タクシーの1台を含め19台しかなくて(リーフタクシーの営業日誌、第4回第7回第17回参照)、いや、言い方を変えると、19台あったわけだけれど、徐々にその姿は消え、今ではすっかりいなくなってしまったかのようだ(少数は営業しているはず。けれど確認できず)。

理由の大きなひとつは電費の悪さ。真冬になったら40kmくらいしか走れないのでは、タクシー用車両として使うには無理がありすぎた(リーフタクシーの営業日誌最終回参照)。

と、過去の体験に照らし合わせて判断すれば、2年半の間にリーフタクシーの多くが姿を消したのは当然の結果だったように思う。

されど2年半なのである。

この2年半の間、かつて電費の悪さに泣かされた元リーフタクシー運転手の知らぬ間に、リーフとリーフを取り巻く環境は(その1)と(その2)で書いたごとく、すごいとしか言いようがない、まさに劇的な向上を遂げていたのだった。

数も増えた。

リーフタクシーは姿を消したけれど、一方、街で見かけるリーフの数は確実に多くなっている。リーフの販売台数が1万台を超えたという話をリーフタクシーで営業をしていた頃に聞いたけれど、その数は今や5万台だという。

販売開始からの累計販売台数は世界で20万台。そのうちの90%が北米、日本、欧州の3市場で占められている。販売台数の最多は北米で、9万台超、日本は2番目で約5万台、欧州は約4万台。
販売開始からの累計販売台数は世界で20万台。そのうちの90%が北米、日本、欧州の3市場で占められている。販売台数の最多は北米で、9万台超、日本は2番目で約5万台、欧州は約4万台。 拡大
 
第25回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(その3)リーフとリーフを取り巻く環境(都心ドライブ編)の画像 拡大
矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
ホームへ戻る