第26回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(その4)
小田原丼(小さな旅編)

2016.04.07 矢貫 隆の現場が俺を呼んでいる!?

俺、行ってくるよ

最新型「リーフ」で小さな旅にでる日の早朝だった。

天気予報が「渋谷の現在の気温は1度です」と伝えた寒い朝、都心に向かう通勤ラッシュ少し前の電車内でのことである。
7人掛けのシートに座る会社員ふうの男4人、女3人は、みな申し合わせたようにコートの襟を立て、睡眠時間の短さを居眠りで補ってでもいるのかうつむいたまま動かない。まるで、仕事場に向かうこの時間が苦痛で仕方がない、みたいな雰囲気を車内に漂わす彼らだった。
そんな7人に、黙って胸のうちで語りかけるのは私である。

俺だけうれしそうで、ごめんね。
リーフで、ちょいと小田原漁港まで行ってくるよ。
魚市場食堂の小田原丼、食べに行くんだ――と。

黙して語った次の瞬間、ああ、リーフで小田原だなんて、何と感慨深いことか、と、ひとり日産自動車グローバル本社に向かう電車内で、リーフタクシー運転手時代に思いをはせる私なのだった。

3年ほど前の思い出である。

東京のタクシー運転手なら、いちどは、というか、毎日でも客を乗せていきたい成田空港。なにしろ都心から短時間で行って帰ってこられるのに、それでいて運賃は2万4000円くらいにはなる。それって昼勤運転手(リーフタクシーの営業日誌、第7回参照)の1日の水揚げ額と同じくらいの金額なのだ。憧れの成田空港。
それなのに、だった。
ホテルのタクシー乗り場で「成田空港までお願いします」の客に当たったのに、断腸の思いでその上客を他車に譲ったことがある。

理由はふたつ。
冬場だった。40kmくらいしか走れないリーフタクシー、成田空港までたどり着けない。
何かの間違いでたどり着けたとして、しかし、あのあたりに急速充電施設は皆無だから東京に戻ってこられない。

今なら(=最新型のリーフなら)真冬の成田空港往復だって楽勝だ。
前3回の都心ドライブ編で報告したとおり初代リーフの電費の悪さは劇的に改善され、しかも、バッテリー残量が半分以下の状態で遠っ走りしてくれと言われたって大丈夫。充電インフラの整備も急激な勢いで進んでいるのだから(第2回参照)。 

それやこれやリーフとリーフを取り巻く環境の激変に気をよくした私は、リーフタクシー時代ではおよそ考えられない小さな旅にでる。
目指すは神奈川県の小田原漁港、魚市場食堂。
有名な小田原丼を食べに行く。

日産自動車(横浜市西区)からだと、直線距離で結んでも東京から成田空港に行くよりもちょっとばかり遠い。中華街に寄り道し、遠回りして遠回りして、片道100kmちょいの小さな旅である。

横浜・山下公園近くの港にて。後ろに見えるのは横浜マリンタワー。
横浜・山下公園近くの港にて。後ろに見えるのは横浜マリンタワー。 拡大
 
第26回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(その4)小田原丼(小さな旅編)の画像 拡大
日産自動車のEVの歴史は1940年代の終わり(昭和20年代の初め)ごろの、たま電気自動車にさかのぼるのだという。たま号が市場に登場するや一部のタクシー会社が営業車として導入。それから六十数年後に衝撃的に登場した「リーフ」。東京では19台がタクシー車両として導入され、私は、そのうちの1台を運転することになる。
日産自動車のEVの歴史は1940年代の終わり(昭和20年代の初め)ごろの、たま電気自動車にさかのぼるのだという。たま号が市場に登場するや一部のタクシー会社が営業車として導入。それから六十数年後に衝撃的に登場した「リーフ」。東京では19台がタクシー車両として導入され、私は、そのうちの1台を運転することになる。 拡大
小さな旅に向かう前に、中華街をドライブ。
小さな旅に向かう前に、中華街をドライブ。 拡大
矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • 日産リーフe+プロトタイプ(FF)【試乗記】 2019.1.11 試乗記 日産の電気自動車(EV)「リーフ」に、バッテリーとモーターの性能を大幅に強化した「e+(イープラス)」が追加設定された。とはいえ発売前ということで、公道走行はNG……。まずはクローズドコースで動力性能を試しつつ、570kmにまで延びた最大航続距離に思いをめぐらせた。
ホームへ戻る