第27回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(最終回)
俺、感動しちゃったよ(小さな旅編)

2016.04.14 矢貫 隆の現場が俺を呼んでいる!?

一夜城公園にて思う

リーフタクシー運転手時代の思い出である。

最新型「リーフ」とはまるで関係ない話だけれど、『大沢悠里のゆうゆうワイド』(TBSラジオ)を聴かないことには朝の仕事が始まらないとか言ってたタクシー運転手とは、私だ。
金曜日のお色気大賞。これを聴くわずかな時間を逃したくなくて回送板を掲げたことしばしば。番組の水曜日のパートナー、見城美枝子さんを客として乗せたときは、黙って胸のうちで「ゆうゆうワイド、聴いてます」とつぶやいた私だった。

ところが、なのだ。

30年間続いたその番組が今年2016年4月8日で終了だって。
ニュースを耳にした瞬間、嘘だろッ、と顔が引きつった。
そもそもラジオの仕事など数えるほどしか経験がない私だけれど、リーフタクシーで都心を流しながら、実は、ひそかに、こう願っていたからだ。

いつかゲストとして番組に出演したい!!

マイクに向かってゲストが歌う、お決まりの「おおさ~わゆうりのッ、ゆうゆ~うワァアイドッ」。私も、あれ、やってみたかった。

さて、小さな旅の続き、である。
河津桜が満開だった。

凪(な)いで光る相模湾を一望する笠懸山(=石垣山)、河津桜がまさに満開を迎えた一夜城歴史公園の駐車場である。小田原漁港で刺し身定食をいただき、食後のコーヒーは一夜城跡でと定め、石垣山農道の急勾配を登ってきた最新型リーフ。さすがに大河ドラマの影響は絶大とみえて、平日だというのに山の上の駐車場は混雑ぎみだった。

海と空の境界あたりに浮かべた真っ白いリーフを眺めながら、腕組みをして、私は考えるわけである。

忍城の戦いは映画『のぼうの城』(注)で観た。
八王子城の戦いは、その跡地を歩いた(第10回:八王子城跡と城山トレッキング・その1参照)。そして今、秀吉の小田原征伐の、あの一夜城歴史公園にやってきた。
こうして並べてみると、そんなつもりは毛頭ないのに、俺、すっかり大河ドラマ『真田丸』にはまってる人みたいじゃないか。

春を待つ2月のある日、真っ白いリーフで小さな旅にでた私。ここまで無充電で走った96.4kmとバッテリー残量を示す目盛りの横に標示された「116km」(=この状態であと116km走れるの意味)の表示を確認し、あらためて感心していた。

すごいな、最新型リーフの電費。
そして次の瞬間、いや、ちょっと待てよ、となった。

リーフとの決して浅くはない因縁を結んでいた私の目には、最新型リーフの航続距離は「すごい」と映る。だから、すごい、すごいと褒めまくったけれど、果たして、誰もがすごいと思うのだろうか。
ん、なわけないか。

航続距離200kmを「すごい」と感嘆する?
それとも「たった?」と嘆く?

小さな旅の折り返し地点で、“確実に走れる200km前後”の評価に思いを巡らせる私だった。

神奈川県小田原市早川にある一夜城歴史公園の駐車場で。河津桜が満開だった。
神奈川県小田原市早川にある一夜城歴史公園の駐車場で。河津桜が満開だった。 拡大
一夜城歴史公園へ向かう農道にて。
一夜城歴史公園へ向かう農道にて。 拡大
食後の休憩は一夜城歴史公園の駐車場脇にある一夜城ヨロイヅカファームで。陽気に誘われ店外のテーブルでコーヒーを飲む。駐車場にはひっきりなしに観光客のクルマが出入りしていた。真っ白い「リーフ」の後方に相模湾が広がり、その向こうには丹沢山塊のランドマーク、大山が見える。
食後の休憩は一夜城歴史公園の駐車場脇にある一夜城ヨロイヅカファームで。陽気に誘われ店外のテーブルでコーヒーを飲む。駐車場にはひっきりなしに観光客のクルマが出入りしていた。真っ白い「リーフ」の後方に相模湾が広がり、その向こうには丹沢山塊のランドマーク、大山が見える。 拡大
矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • 日産リーフ G(FF)【動画試乗記】 2011.8.16 試乗記 日産リーフ G(FF)
    ……409万3950円

    2010年12月の発売以来、約8カ月でおよそ6000台が販売された「日産リーフ」。電気の作り方・使い方に注目が集まるいま、電気自動車のもつポテンシャルを探ってみた。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.10.24 試乗記 日本が誇る孤高のショーファーカー、「トヨタ・センチュリー」の販売目標はわずか月販50台。よってステアリングを任される職業ドライバーの数も、極めて限られものになるであろう。そうしたレアなドライバーズシートに座って、走り……いや“運転”を、味わってみた。
  • 「ホンダS660」をクラシカルに変身させるキット発売 2018.8.30 自動車ニュース ホンダアクセスは2018年8月30日、軽スポーツカー「ホンダS660」をクラシカルなスタイリングにカスタマイズできる「S660 Neo Classic KIT(ネオクラシックキット)」を発表した。同年9月21日に販売を開始する。
ホームへ戻る