VWジャパン、主力3モデルの装備を見直し

2016.05.17 自動車ニュース
今回新たに設定された「ポロ」のエントリーグレード「TSIトレンドライン」。
今回新たに設定された「ポロ」のエントリーグレード「TSIトレンドライン」。 拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年5月17日、「ポロ」「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」の先進安全装備や快適装備を充実させて商品力の強化を図るとともに、一部モデルで価格を見直した。

「ポロTSIハイライン」
「ポロTSIハイライン」 拡大
「クロスポロ」
「クロスポロ」 拡大
「ポロ ブルーGT」
「ポロ ブルーGT」 拡大
「ポロGTI」
「ポロGTI」 拡大
「ゴルフTSIトレンドライン」
「ゴルフTSIトレンドライン」 拡大
「ゴルフTSIハイライン」
「ゴルフTSIハイライン」 拡大
「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」
「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」 拡大
「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」
「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」 拡大

■ポロに199万9000円の最廉価グレードを設定

今回の大幅な商品力強化によって、フォルクスワーゲンの総合安全コンセプト「フォルクスワーゲン・オールイン・セーフティー」の浸透を図る。これにより、「お客さまに選ばれる安心で安全なフォルクスワーゲンのブランド作りを強化」していくという。

主な仕様変更点は下記の通り。

●ポロ
・TSIトレンドライン(新設定)……190万円台のエントリーグレードを初めて設定。旧「TSIコンフォートライン」をベースに、ステアリングホイールの仕様を変更。
・TSIコンフォートライン……リアビューカメラ、マルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き)、レインセンサー、オートライトシステム、オートエアコン、自動防眩ルームミラー、フォグランプ(フロント)、センターアームレスト、15インチアルミホイールなどを標準装備に追加。
・TSIハイライン……旧「TSIコンフォートライン アップグレードパッケージ」を「TSIハイライン」に名称変更。アルカンターラ&レザレットシート、シートヒーター(運転席/助手席)、16インチアルミホイールなどの上級装備を追加(旧価格よりも4万円低い価格とした)。
・クロスポロ……マルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き)、パドルシフト、オートライトなどの快適装備を採用。
・ブルーGT……バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)、アダプティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付き)、アルカンターラ&レザレットシート、オートライトシステム、シートヒーター(運転席/助手席)、マルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き)を標準装備に追加。
・GTI……LEDヘッドライトを標準装備に追加。新たにクルーズコントロールとセンターアームレストを採用。

●ゴルフ
・TSIトレンドライン……250万円を切る戦略的価格の設定(旧価格より約16万円低い価格とした)。6J×15スチールホイールを採用。
・TSIコンフォートライン……先進安全装備のレーンキープアシスト「Lane Assist」、ダークティンテッドガラス(リア/リア左右、UVカット機能付き)、スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」などを標準装備に追加した。上記の装備を追加しながら、旧価格より約7万円低い価格を実現。
・TSIハイライン……先進安全装備のブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)、バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)、ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウオッシャー、ダークティンテッドガラス(リア/リア左右、UVカット機能付き)などを標準装備に追加した。
※「GTI」「R」「GTE」の仕様変更はなし。

●ゴルフヴァリアント
・TSIコンフォートライン……先進安全装備のレーンキープアシスト「Lane Assist」、リアビューカメラ、スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」、パドルシフトマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き)、アダプティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付き)を標準装備に追加。300万円を切るエントリー価格を設定した。
・TSIハイライン/Rライン……先進安全装備のブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)などを標準装備に追加。旧価格よりも約6万円低い価格とした。
・R……ラゲッジネットパーティションを追加。

車両本体価格は以下のとおり。

●ポロ
・TSIトレンドライン……199万9000円
・TSIコンフォートライン……226万9000円
・TSIハイライン……258万9000円
・クロスポロ……279万9000円
・ブルーGT……289万9000円
・GTI(6段MT)……327万9000円
・GTI(7段DSG)……337万9000円

●ゴルフ
・TSIトレンドライン……249万9000円
・TSIコンフォートライン……280万9000円
・TSIハイライン……328万9000円
・GTI(6段MT)……389万9000円
・GTI(7段DSG)……399万9000円
・R(6段MT)……539万9000円
・R(7段DSG)……549万9000円
・GTE……499万円

●ゴルフヴァリアント
・TSIコンフォートライン……294万9000円
・TSIハイライン……342万9000円
・Rライン……362万9000円
・R……559万9000円

(Clubpyme)

関連キーワード:
ゴルフ, ポロ, ゴルフヴァリアント, ゴルフGTE, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • 第1回:麗しのタクシードライバー “Assurance WeatherReady”を試す 2018.12.27 使って試すオールシーズンタイヤの真価<PR> 冬用タイヤへの履き替えなしに、年間を通して使えるオールシーズンタイヤの新製品「グッドイヤー・アシュアランス ウェザーレディー」を、“麗しのタクシードライバー”生田佳那が試す。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • アウディQ7 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.24 試乗記 アウディのフルサイズSUVといえば、いま最もホットな存在なのが「Q8」。しかしベースとなったこの「Q7」なくしてその存在は語れない。2代目の発表から4年、そろそろマイナーチェンジの声も聞こえてくる同車の熟成ぶりを確認してみた。
ホームへ戻る