ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場

ムーヴ キャンバス Debut! 2016.09.07 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。

次の100年に向けてのクルマ

東京・有楽町の東京国際フォーラムで、ダイハツの新感覚スタイルワゴン「ムーヴ キャンバス」の報道発表会が行われた。最初にあいさつに立ったのは、上級執行役員の上田 亨氏。「ムーヴ キャンバスは、これまでの100年の積み重ねで得てきた技術と経験を生かして、次の100年に向けてスタートするためのクルマだ」と宣言。多様化するライフスタイルにきめ細かく対応することが重要だと話した。

ブランドDNA室主査の北野恵睦氏は、ダイハツのラインナップの中で女性向けのモデルが手薄になっていたと指摘。“ポストロスジェネ”と呼ばれる30代から40代の女性とその親に向けて開発したのがムーヴ キャンバスなのだと語った。少子化の中で親と同居するライフスタイルが広がり、クルマを娘と親が共有するケースが普通になっている。「オシャレで使い勝手がいいクルマ」の需要が増大するという見通しから生まれたモデルなのだという。

ムーヴ キャンバスの商品概要については、製品企画部主査の大澤秀彰氏から説明があった。「女性ニーズ対応に熱心」というダイハツのイメージポジションを受け、「輝く女性を応援する商品」の投入が必要だと判断した。晩婚化・未婚化が進む30代女性が親と同居する大人世帯が拡大している。親から援助が受けられるため、彼女たちは少し高くても魅力的で価値の高いクルマを購入する傾向があるのだという。

共用する場合は娘が週末と夜、親が平日の昼間という使い分けが一般的。「ステキ」「リラックス」という言葉をコンセプトにして、<“いきいき”パッケージ><“ゆうゆう”ユーティリティ><“わくわく”デザイン>という3つのエッセンスの“いいとこ取り”ベストMIXをセリングポイントにしたという。

「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」
「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」 拡大
ダイハツ工業の上田 亨 上級執行役員。発表会の席上、「ムーヴ キャンパス」を「次の100年に向けてスタートするためのクルマ」として紹介した。
ダイハツ工業の上田 亨 上級執行役員。発表会の席上、「ムーヴ キャンパス」を「次の100年に向けてスタートするためのクルマ」として紹介した。 拡大
「ムーヴ キャンバス」のインテリア。インストゥルメントパネルやドアパネルなどに、豊富な収納スペースが用意される。
「ムーヴ キャンバス」のインテリア。インストゥルメントパネルやドアパネルなどに、豊富な収納スペースが用意される。 拡大
「ムーヴ キャンバス」には、全高1700mm以下の軽として初めて、両側スライドドアが装備される。
「ムーヴ キャンバス」には、全高1700mm以下の軽として初めて、両側スライドドアが装備される。 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツの後付け安全装置、搭載可能車種が拡大 2019.2.8 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年2月8日、後付け安全装置「つくつく防止(ぼうし)」の搭載可能車種を拡大し、販売を開始した。4代目「ムーヴ」と7代目「ミラ」を対象に加えている。
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
ホームへ戻る