個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売

2016.10.04 自動車ニュース
「シトロエンC4カクタス」
「シトロエンC4カクタス」 拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月4日、シトロエンのクロスオーバーモデル「C4カクタス」を発売した。200台限定で、価格は238万円から。

ボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。
ボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。 拡大
 
個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売の画像 拡大

C4カクタスの最大の特徴は、そのデザインにある。外部からの衝撃を吸収するボディーサイドの「エアバンプ」と呼ばれるポリウレタンや、個性的なフロントマスクが独自の存在感を放っている。欧州では2015年にデビューし、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。日本でも東京モーターショー2015で公開された。

1.2リッター直列3気筒エンジンは82psと12.0kgmを発生し、5段ATが組み合わされる。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4155×1735×1530mmで、ホイールベースは2595mm。車両重量は1070kgに抑えられた。また、タイヤサイズは205/50 R17が採用されている。

ボディーカラーは「ブラン パールナクレ」など全5種類から選択できる。シート表皮の違いで価格は2種類あり、ファブリックが238万円、ベロアが241万円となる。

(Clubpyme)

関連キーワード:
C4カクタス, シトロエン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • ここ日本でも実はひそかに絶好調!
    “C3景気”にわくシトロエンの次なる一手を探る
    2018.9.3 デイリーコラム “インポートカー業界のオシャレ担当”ことフランス車の中でも、さらに個性的な存在といえるシトロエン。2017年夏に新型「C3」を導入して以来、実はひそかに絶好調なダブルシェブロンの、日本市場における“次なる一手”を探る。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
ホームへ戻る