Beatsのオーディオを搭載する「フォルクスワーゲン・ポロ」限定発売

2016.11.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」 拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月2日、コンパクトカー「ポロ」の特別仕様車「ポロ with beats」を、400台限定で発売した。

「ポロ with beats」のリアビュー。
「ポロ with beats」のリアビュー。 拡大
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。 拡大
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。 拡大

特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。


	特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。
	拡大

今回のポロ with beatsは、「ポロTSIコンフォートライン」がベースの限定車。300W/8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサー、6個のスピーカー、サブウーハーをセットにしたプレミアムサウンドシステム「beats sound system」を搭載したうえで、Beatsの世界観をイメージしたドレスアップが施されている。

エクステリアは、専用のデコレーションフィルムやドアミラー、16インチアルミホイールを装備。インテリアについては、専用のドアシルプレート、前席用フットウェルランプ、レッドステッチ入りのシートベルト、Beatsのブランドロゴである“bマーク”があしらわれた専用のアルカンターラ×ファブリックシートが与えられる。

オンラインサービス「Car-Net」のひとつである「App-Connect」を搭載した、純正インフォテイメントシステム「Composition Media」も標準装備。スマートフォンと接続するだけで「Mirror Link」やアップル社の「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」が利用できる。

価格は、239万9000円。ボディーカラーは、ピュアホワイトとフラッシュレッドの2色がラインナップされ、それぞれ200台ずつ、計400台が販売される。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.26 試乗記 BMWのニューモデル「X2」に試乗。メーカーが「スポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)」と呼ぶスタイリッシュなSUVに、“駆けぬける歓び”は備わっているのか!? 「BMW 320d」を足にする清水草一がチェックした。
  • BMW X4 xDrive30i(4WD/8AT)/X4 xDriveM40d(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.7.19 試乗記 BMWのコンパクトでスタイリッシュなクロスオーバーモデル「X4」がデビューから4年半で早くも2代目に進化。新世代のボディー骨格を得て刷新されたSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)は、しなやかな乗り味と高い静粛性でさらに魅力を増していた。
ホームへ戻る