Beatsのオーディオを搭載する「フォルクスワーゲン・ポロ」限定発売

2016.11.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」
「フォルクスワーゲン・ポロ with beats」 拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月2日、コンパクトカー「ポロ」の特別仕様車「ポロ with beats」を、400台限定で発売した。

「ポロ with beats」のリアビュー。
「ポロ with beats」のリアビュー。 拡大
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。
インテリアの様子。Beatsのブランドロゴがあしらわれた専用のシートが装着される。 拡大
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。
ドアシルプレートにも「beatsaudio」のロゴが添えられる。 拡大

特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。


	特別装備の16インチアルミホイール。ピュアホワイトのボディーにはホワイトのホイールが、フラッシュレッドのボディーにはブラックのホイールが組み合わされる。
	拡大

今回のポロ with beatsは、「ポロTSIコンフォートライン」がベースの限定車。300W/8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサー、6個のスピーカー、サブウーハーをセットにしたプレミアムサウンドシステム「beats sound system」を搭載したうえで、Beatsの世界観をイメージしたドレスアップが施されている。

エクステリアは、専用のデコレーションフィルムやドアミラー、16インチアルミホイールを装備。インテリアについては、専用のドアシルプレート、前席用フットウェルランプ、レッドステッチ入りのシートベルト、Beatsのブランドロゴである“bマーク”があしらわれた専用のアルカンターラ×ファブリックシートが与えられる。

オンラインサービス「Car-Net」のひとつである「App-Connect」を搭載した、純正インフォテイメントシステム「Composition Media」も標準装備。スマートフォンと接続するだけで「Mirror Link」やアップル社の「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」が利用できる。

価格は、239万9000円。ボディーカラーは、ピュアホワイトとフラッシュレッドの2色がラインナップされ、それぞれ200台ずつ、計400台が販売される。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る