スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定

2016.11.17 自動車ニュース
「スズキ・バレーノXS」
「スズキ・バレーノXS」拡大

スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を追加設定し、販売を開始した。

前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。
前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。拡大
本革巻きのステアリングホイールを採用している。
本革巻きのステアリングホイールを採用している。拡大

今回のバレーノXSは、1.2リッター直4自然吸気エンジン搭載の「XG」グレードをベースに、質感と機能の向上が図られた新グレード。エクステリアにはディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコンや助手席シートヒーターなどが採用されている。

これらを含む、XGから追加・変更された装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、マニュアルレベリング機構付き)
  • LEDポジションランプ
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • LEDサイドターンランプ付きドアミラー
  • 185/55R16タイヤ・16インチアルミホイール

【インテリア】

  • フルオートエアコン
  • 助手席シートヒーター
  • 本革巻きステアリングホイール/ステアリングオーディオスイッチ
  • フロントセンターアームレスト
  • センターコンソールトレー(リア)/センターコンソールボックス
  • マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)

価格は154万4400円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
バレーノ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・イグニス(前編) 2016.1.21 画像・写真 スズキが、2015年の東京モータショーでお披露目したクロスオーバータイプのコンパクトカー「イグニス」をいよいよ発売。歴代スズキ車のエッセンスを取り入れたという個性的なエクステリアデザインや、インテリアのディテールを写真でリポートする。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • スズキ・イグニス(後編) 2016.1.21 画像・写真 スズキから全長3.7mのコンパクトなクロスオーバー車「イグニス」登場。デイリーユースでの使い勝手のよさや、マイルドハイブリッドシステムの採用による高い燃費性能、そしてクロスオーバー車ならではの走破性能を併せ持つニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
ホームへ戻る