「レンジローバー/レンジローバー スポーツ」の2017年モデル受注開始

2016.12.08 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック」
「ランドローバー・レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年12月8日、「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2017年モデルを発表し、受注を開始した。

「レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック」の内装。シートのステッチは4色から選択できる。
「レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック」の内装。シートのステッチは4色から選択できる。拡大
「レンジローバー スポーツ」の2017年モデル。
「レンジローバー スポーツ」の2017年モデル。拡大

2017年モデルでは、レンジローバー、レンジローバー スポーツともに最高出力258ps/最大トルク61.2kgmを発生する3リッターV6ディーゼルターボエンジン搭載モデルが設定された。また、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」が全グレードに標準装備とされたほか、安全装備の充実も図られている。レンジローバーにはジャガー・ランドローバー内の特別車両企画製作部門であるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手がけた新グレード「SVオートバイオグラフィー ダイナミック」も追加設定された。

「InControl Touch Pro」システムには、ランドローバー車としては初めて、通信機能を追加(オプション)することが可能になった。車両の故障時や、乗員が急病になったときにオペレーターと会話をしたり、スマートフォンの専用アプリを介して車両位置情報、トリップデータ、ドアやウインドウの開閉状況を確認したり、施錠やエアコンを遠隔操作することができる。

安全装備は、ブラインドスポットモニターに加えて、ブラインドスポットモニターの警告に従わずドライバーが車線変更を続けた場合に、ステアリングに逆方向の力を加えて衝突を回避する「ブラインドスポットアシスト」もパッケージオプションとして選択できる。

レンジローバーに追加設定されたSVオートバイオグラフィー ダイナミックは、5リッターV8のスーパーチャージャー付きエンジンを搭載。最高出力550ps、最大トルク69.3kgmを発生する。エクステリアにはグラファイトアトラス仕上げのフロントグリルとボンネットフィニッシャー、SVOサイドベント、ブレンボ製のレッドキャリパーを採用。インテリアには4色から選択可能なダイヤモンドキルテッドステッチが入ったセミアニリンレザーシート、ノール加飾が施されたスイッチ類などが用いられている。

ラインナップと価格は以下の通り。

【レンジローバー】(ガソリンエンジン搭載モデル)

  • ヴォーグ(340ps):1377万円
  • ヴォーグ(380ps):1490万円
  • ヴォーグ ロングホイールベース(380ps):1554万円
  • ヴォーグ:1657万円
  • オートバイオグラフィー:1866万円
  • オートバイオグラフィー ロングホイールベース:1962万円
  • SVオートバイオグラフィー ダイナミック:2405万円
  • SVオートバイオグラフィー:2944万円

【レンジローバー】(ディーゼルエンジン搭載モデル)

  • ヴォーグ:1420万円
  • オートバイオグラフィー:1676万円

【レンジローバー スポーツ】(ガソリンエンジン搭載モデル)

  • SE:860万円
  • HSE:989万円
  • オートバイオグラフィー ダイナミック(V6エンジン):1188万円
  • オートバイオグラフィー ダイナミック(V8エンジン):1393万円
  • SVR:1648万円

【レンジローバー スポーツ】(ディーゼルエンジン搭載モデル)

  • SE:895万円
  • HSE:1019万円
  • HSEダイナミック:1090万円

(Clubpyme)

関連キーワード:
レンジローバー, レンジローバー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】 2017.6.26 試乗記 英国の大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」が5代目にフルモデルチェンジ。これまでの四角張ったスタイリングを捨て、スラントノーズのスポーティーなイメージに一新された新型の出来栄えをリポートする。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
ホームへ戻る