スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売

2016.12.26 自動車ニュース
「スズキ・スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはブリスクブルーメタリック。
「スズキ・スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはブリスクブルーメタリック。拡大

スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。

「スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはクリスタルホワイトパール。
「スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはクリスタルホワイトパール。拡大
「スペーシア カスタムZ」のインストゥルメントパネルまわり。
「スペーシア カスタムZ」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「スペーシア カスタムZ」のインテリアは、ブラックを基調に、チタンシルバーのアクセントが施される。
「スペーシア カスタムZ」のインテリアは、ブラックを基調に、チタンシルバーのアクセントが施される。拡大

特徴はフロントマスクと上質な内装

今回新たに追加したスペーシア カスタムZは、迫力のあるフロントマスクと上質な内装を特徴とする。外装はエンジンフードの位置を高くしたほか、専用の大型メッキフロントグリルやフロントバンパーなどを装備することで、存在感のあるフロントマスクを形成した。また、インテリアではブラックを基調に随所にチタンシルバーの加飾を施して上質感を演出した。

加えて外装では、前述のフロントマスクのほか、LEDフロントフォグランプや、ブラックメッキバックドアガーニッシュなども採用した。ボディーカラーは、新色のブリスクブルーメタリックなど全7色が用意され、ブラック2トーンルーフ仕様を含めると全10パターンから選択できる。

内装は、防眩(ぼうげん)式ルームミラーが備わるほか、ターボモデルではチタンシルバーガーニッシュ付きの本革巻きステアリングホイールも装着される。

また、前後左右4カ所のカメラで車両周辺の映像を映し出す「全方位モニター付きメモリーナビゲーション」や、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」などもオプションとして用意される。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • カスタムZ(FF):149万0400円/(4WD):161万1360円
  • カスタムZターボ(FF):159万8400円/(4WD):171万9360円

ブラックの内装色を標準化

一方、一部仕様の変更が施されたスペーシアシリーズは、標準のスペーシア全車でブラックの内装色が標準とされた。「スペーシアX」の、ボディーカラーがクリスタルホワイトパールか、ホワイト2トーンルーフ仕様を選択した場合は、内装色をベージュにすることもできる。また、ボディーカラーは新色のブリスクブルーメタリック、フェニックスレッドパール、アーバンブラウンパールメタリックを含めて全8色が設定され、ホワイト2トーンルーフ仕様を含めると全12パターンから選択できる。

また、「スペーシア カスタム」では、内装の樹脂色がブラックに統一されたほか、「XS」「XSターボ」にはバックアイカメラが標準装備となった。

価格は「G」(FF)の127万4400円から、カスタムXSターボ(4WD)の184万2480円まで。

(Clubpyme)

関連キーワード:
スペーシア カスタム, スペーシア カスタムZ, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • 「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
    「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う
    2019.1.14 デイリーコラム 発表と同時に、既存のモデルとは一味違うデザインで話題をさらった「スズキ・スペーシア ギア」。クロスオーバースタイルという、ありそうでなかった軽トールワゴンはスズキの切り札となるか? 過去のモデルとの比較を通し、その可能性について考えた。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
  • スズキ、SUVライクな軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」を発売 2018.12.20 自動車ニュース スズキが新型軽乗用車「スペーシア ギア」を発売。同車はハイトワゴンタイプの軽乗用車「スペーシア」に、専用デザインのフロントバンパーや、プロテクターを模した装飾パネルなどを採用することで実現したSUVライクなスタイリングを最大の特徴としている。
ホームへ戻る