DS 5にディーゼルモデル「BlueHDi」が登場

2017.01.11 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年1月10日、「DS 5」にディーゼルエンジン搭載モデル「BlueHDi」を設定し、販売を開始した。

現在、PSAグループは日本に1.6リッターと2リッターの2種類のディーゼルエンジンを導入している。今回DS 5に設定されたのは、後者の2リッター直4 DOHC直噴ディーゼルターボエンジンで、既存の1.6リッターガソリンターボエンジン車を上回る180ps/3750rpmの最高出力と40.8kgm/2000rpmの最大トルクを発生。同時にJC08モード計測で17.3km/リッターという燃費性能を実現している。

組み合わされるトランスミッションは、ガソリン車と同じくトルコン式の6段AT。BlueHDiモデルを含むDS 5の価格とラインナップは、以下の通り。

DS 5シック:409万円
DS 5シック レザーパッケージ:472万円
DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ:497万円

(Clubpyme)

「シトロエンDS 5」
「シトロエンDS 5」拡大

関連キーワード:
DS 5, DS, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:今どきはオシャレなイメージだけじゃない!?
    輸入車チョイ乗りリポート~フランス編~
    2019.2.23 JAIA輸入車試乗会2019 輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、Clubpymeメンバーが注目のモデルをご紹介! 第2回は、国名を聞いただけでオシャレなイメージが漂うフランス編。「DS 7クロスバック ソーシック」「プジョー308SW GTラインBlueHDi」そして「ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー アクラポヴィッチ」の走りをリポートする。
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • 選ぶならやっぱりMT仕様?
    “マニア車”「メガーヌR.S.」の販売事情
    2019.3.8 デイリーコラム 新型「ルノー・メガーヌR.S.」のデビューから半年。ようやくそのMT仕様が国内で発売される。しかも、よりマニアックな限定車「R.S.カップ」として! はたして既存のAT車よりも“買い”なのか? プレス向けの試乗会でチェックした。
  • トヨタが「ジャパンタクシー」を一部改良して発売 2019.3.15 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年3月15日、タクシー用車両「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を一部改良して発売した。乗降用スロープの使い勝手を高めることで、車いすの乗降に要する時間を短縮している。
ホームへ戻る