第487回:“ランボルギーニ・ミウラの父”パオロ・スタンツァーニ逝く

2017.02.03 マッキナ あらモーダ!

歴史的ランボルギーニの開発を主導

ランボルギーニに草創期から携わったエンジニアのひとり、パオロ・スタンツァーニが2017年1月18日、死去した。80歳だった。

スタンツァーニは、イタリアがムッソリーニによるファシスト政権下だった1936年にボローニャで生まれた。ボローニャ大学機械工学科を1961年に卒業後、同年9月30日、当時自動車部門への進出を計画していたランボルギーニ・トラクター社に入社した。

同社では、マセラティ出身の技師長ジャンパオロ・ダラーラ(1936年~)のアシスタントとして従事。在職中は主にエンジンテスト、走行試験、ホモロゲーションのための構造計算を担当。あわせてトゥリング、ベルトーネ、マラッツィ、ザガート、シラットといった、ランボルギーニのボディー製作に関与した、数々のカロッツェリアとの調整役も務めた。

当時開発に関与したモデルとしては、「350GT」「400GT」「ミウラ」「イスレロ」が挙げられる。特にミウラの開発では主導的立場を果たしたことから、後年スタンツァーニは“ミウラの父”と呼ばれるようになった。

1967年にはダラーラの後を継ぐかたちでランボルギーニの最高技術責任者に就任。経営危機で会社を去ることになった1974年まで、「エスパーダ」「ハラマ」「ミウラS」「ミウラSV」「ウラッコ」「カウンタック」の開発に携わった。1987年には、実業家ロマーノ・アルティオーリが立ち上げた新生ブガッティ計画に参画。開発責任者としてスーパースポーツカー「EB110」の誕生に貢献した。

その後、1990年代には元上司ジャンパオロ・ダラーラが興したエンジニアリング企業でF1マシンの設計に参加。続いてジャンカルロ・ミナルディのチームでも同じくF1設計に従事した。

ランボルギーニが生んだ往年のスーパースポーツ「ミウラ」と、“ミウラの父”と呼ばれる故パオロ・スタンツァーニ。
ランボルギーニが生んだ往年のスーパースポーツ「ミウラ」と、“ミウラの父”と呼ばれる故パオロ・スタンツァーニ。拡大
在職中にスタンツァーニが開発に関わった「ランボルギーニ350GT」。
在職中にスタンツァーニが開発に関わった「ランボルギーニ350GT」。拡大
「ランボルギーニ・イスレロ」
「ランボルギーニ・イスレロ」拡大
「ランボルギーニ・カウンタックLP400」。パフォーマンスはもとより、マルチェロ・ガンディーニ氏の手になる個性的なデザインで広く知られる。
「ランボルギーニ・カウンタックLP400」。パフォーマンスはもとより、マルチェロ・ガンディーニ氏の手になる個性的なデザインで広く知られる。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事