「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編)

2017.02.02 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続きアストンマーティンのフラッグシップスポーツカー「ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅で洗練されたスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!

 
「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編)の画像拡大
 
「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編)の画像拡大

評価が変われば見え方も変わる

ワインディングロードでのハンドリングやエンジンのパフォーマンスを高く評価しながらも、アストンマーティンのことを“同好会系スポーツカー”と表現した谷口信輝。もっとも、谷口がそんな視点でアストンを捉えたのはわずかな間だけで、ヴァンキッシュのエクステリアを眺めながらそのスポーツカーとしての力量について語っているうちに、彼のなかでアストンへの評価はどんどんと高まっていった。

「そういえば何年か前にSUPER GTのGT300クラスに『ヴァンテージGT3』が出ていたけれど、あのときはメチャクチャ速かったんですよ。星野一樹と吉本大樹のふたりが乗っていて、当時はなんであんなに速いんだろうと思っていたんですが、確かに旋回性能はすごくいいですね」

フロントエンジン・リアドライブ、つまりいわゆるFRレイアウトながらすぐれたコーナリング性能を備えている理由として、エンジンをキャビン近くのできるだけ後方に積むとともに、ギアボックスを後車軸の直前に搭載したトランスアクスル方式によって前後の重量バランスを改善しているからだと説明すると、谷口はなにかが腑(ふ)に落ちた様子で「ああ、だからリアが全然軽くないんだ」と口にした。

「あれ、なんかおかしいなあ。いままでアストンのこと、食わず嫌いだったのかな。いま、どんどん評価が上がっている。欽ちゃんの仮装大賞でいうと、ステージ脇の電光掲示板がピッ、ピッ、ピピピピピピって急上昇している感じです(笑)」

これは「ホンダNSX」に試乗したときにも起きたことだが、ひとたび走りの性能が高いと認めると、そのスタイリングがさらに輝いて見えるようになる傾向が谷口にはある。
「あれ、この角度から見てもかっこいいなあ」
ロングノーズ・ショートデッキの古典的なスポーツカーのプロポーションが谷口の心をわしづかみにしたようだ。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版Clubpymeにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://clubpyme.info」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「Clubpyme」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「Clubpyme」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
ヴァンキッシュアストンマーティン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る