ベントレー・フライングスパーV8 S(後編)

2017.03.16 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ベントレー・フライングスパーV8 S」に試乗する。ベントレーの奥深い魅力に徐々に引き込まれていった谷口。その走りにはどんな評価を下すのだろうか?

飛ばそうという気にさせないクルマ

意外にもベントレー・フライングスパーと波長が合っている様子の谷口信輝。果たして彼は、フライングスパーの走りをどのように捉えたのだろうか?

「正直、クルマは重いですよね。言い方を変えれば重厚感があるっていうか。おかげで乗り心地はものすごくいい。サスペンションが『絶対にボディーは揺らしません』って宣言して頑張っているみたい。だから加減速してもピッチングはほとんど起きないし、コーナリングでもロールは最低限に抑え込まれている。本当に“おだやかー”に走りますよね。車外の音もほとんど聞こえないし、実に快適。実に快適。実に快適」
このとき谷口は微妙にイントネーションや音引きの長さを変化させながら、「実に快適」と間違いなく3回口にした。それくらい快適だったということだろう。

「あとね、ハンドルは思ったよりもよく切れます」
出た、“小回り評論家”として知られる谷口らしいコメントである。
「1時間20分、ハンドルが回ります。まあ、ホイールベースが長いので、これだけハンドルが回っても一発でUターンするのは難しいかもしれないですけれど、大きさを考えたらよく曲がるほうですよね」

では、エンジンはどうだったのか?
「エンジンはとにかく静かでパワフル。さっきも言ったとおり、クルマ自体は重いんですが、その重いクルマを強力なエンジンパワーでぐいぐい加速させていく。しかも、どこまでもスムーズ。まったく不満はありませんでした」

そんな具合にフライングスパーをべた褒めした谷口だが、試乗中のペースは決して速くなかった。クルマの挙動に、なにか不安を感じたのだろうか?
「いや、そうじゃなくて、このクルマに乗っていると、そもそも飛ばそうという気が起こらない。速く走らせるのは簡単なんですよ。でも、そういう気持ちにならないんです。だから、飛ばしているクルマが周囲を走っていると、『キミキミ、なんでそんなに飛ばしているの?』って聞きたくなる。『そんなセカセカした生き方、しないほうがいいんじゃない?』ってね。ハハハハハ」

 
ベントレー・フライングスパーV8 S(後編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパーV8 S(後編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパーV8 S(後編)の画像拡大
ベントレー・フライングスパーV8 S
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5315×1985×1490mm/ホイールベース:3065mm/車重:2530kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:528ps(388kW)/6000rpm/最大トルク:69.3kgm(680Nm)/1700rpm/タイヤ:(前)275/35ZR21 (後)275/35ZR21/車両価格:2100万円
ベントレー・フライングスパーV8 S
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5315×1985×1490mm/ホイールベース:3065mm/車重:2530kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:528ps(388kW)/6000rpm/最大トルク:69.3kgm(680Nm)/1700rpm/タイヤ:(前)275/35ZR21 (後)275/35ZR21/車両価格:2100万円拡大
 
ベントレー・フライングスパーV8 S(後編)の画像拡大

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
  • ベントレー・ミュルザンヌ スピード ホールマークシリーズbyマリナー/ベンテイガ マリナー 2018.3.5 画像・写真 ベントレーのビスポーク部門、マリナーが手がけた「ベントレー・ミュルザンヌ スピード ホールマークシリーズbyマリナー」と「ベンテイガ マリナー」。内外装の各所にハンドクラフトによる装飾が施された特別な2モデルのディテールを紹介する。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
ホームへ戻る