【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場

2017.03.08 自動車ニュース
「ポルシェ911 GT3」
「ポルシェ911 GT3」拡大

独ポルシェは2017年3月7日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場の画像拡大

マニュアルトランスミッションが復活

最新型911 GT3に搭載される4リッター水平対向6気筒エンジンは、最高出力500ps(368kW)を誇る自然吸気ユニットで、レーシングカーである「911 GT3カップ」のエンジンがほとんど仕様変更されることなく採用されている。マニュアルトランスミッションの復活もトピックのひとつで、従来のデュアルクラッチ式7段PDKに加え、6段MTが新たに用意される。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4562×1852×1271mmで、ホイールベースは2457mm。シャシーは、向上したドライビングダイナミクスに合わせて最適化されており、「911カレラS」より車高が25mm低く設定されている。従来モデルと同様に、リアアクセルステア機構も採用。速度に応じて後輪を前輪と同位相または逆位相に操舵し、俊敏性と高速安定性を同時に向上させるという。

新しい911 GT3(7段PDK仕様)の動力性能は、0-100km/h加速タイムが3.4秒で、最高速度は318km/h。6段MT仕様車では、0-100km/hが3.9秒、最高速度は320km/hとなる。

エクステリアは、空力性能を重視したデザインとなっており、新意匠のフロントエンドとフロントスポイラー、新しいリアディフューザー、カーボン製のリアウイングなどを採用。

インテリアでは、「918スパイダー」に由来する直径360mmのGTスポーツステアリングホイールのほか、運転席と助手席の両方に、サイドサポートが強化されたスポーツシート プラスが装備される。シートの前後調節は手動で、高さとバックレストは電動で調節が可能。またオプションで、18wayの電動調節機能を備えた「アダプティブ スポーツシート プラス」と可倒式バックレスト、内蔵式胸部エアバックおよび手動式前後調節機能を備えた「スポーツバケットシート」、そして軽量な「CFRP製フルバケットシート」の3つの仕様が設定される。

ショーでの公開に合わせ、ポルシェ ジャパンは最新型911 GT3の予約受注を2017年4月6日に開始すると発表した。日本仕様のハンドル位置は左のみで、価格は2115万円(7段PDK車)。6段MTはオプション設定となり、秋以降に生産開始の予定。

(Clubpyme)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

関連キーワード:
911ポルシェモーターショージュネーブモーターショー2017自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る