【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開

2017.03.09 自動車ニュース
「アルピーヌA110」
「アルピーヌA110」拡大

仏ルノーは2017年3月7日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)において、新型「アルピーヌA110」を世界初公開した。

 
【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開の画像拡大

今回発表された新型アルピーヌA110は、1970年代に活躍した同名のスポーツカーを現代の技術でよみがえらせたリバイバルモデルであり、2016年2月に発表されたコンセプトカー「アルピーヌ・ビジョン」の市販バージョンにあたる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4178×1798×1252m。車両構造はアルミニウム製のボディーとプラットフォームを接着剤で組み合わせたもので、乾燥重量を1080kgに抑えるとともに、高いボディー剛性も実現しているという。

エンジンは最高出力252ps、最大トルク32.6kgmを発生する新開発の1.8リッター直4ターボで、トランスミッションにはゲトラグ製の7段DCTを採用。このパワープラントやステアリング機構、横滑り防止装置などの制御を「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3段階で調整できる、走行モードの切り替え機構も用意されている。パワープラントの搭載位置はミドシップで、オリジナルのA110ではRRの駆動レイアウトだったのに対し、今回の新型ではMRとなった。なお、前後重量配分は44:56とされている。動力性能については、0-100km/h加速が4.5秒と公称。最高速については、リミッターによって250km/hに制限される。

生産を担うのはフランスのディエップ工場。まずは18インチ鍛造アルミホイールや上述の走行モード切り替え機構などが標準装備された1955台の限定モデル「A110プレミアエディション」の生産が行われ、それが終了した2018年より、各種トリムやパーソナライズオプションの設定、およびそれらの車両の生産が開始される。

市場導入は、欧州で2017年の後半、右ハンドルとなる日本と英国については2018年の予定となっている。価格は、上述のA110プレミアエディションのもので、フランスにおいて5万8500ユーロ(約702万円)、スイスにおいて6万4000スイスフラン(約723万円)となっている(ともに付加価値税を含む)。

(Clubpyme)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る  

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • ホンダS660ネオクラシック(MR/CVT)【試乗記】 2019.3.26 試乗記 「ホンダS660」ベースの着せ替えモデル「S660ネオクラシック」に試乗! コンセプトカーの登場から2年7カ月。ついに市販化されたドレスアップキットで、見た目や走りはどう変わったのか? 元“エスロク”オーナーが、乗って触って確かめた。
ホームへ戻る