第11回:2017年はロータス史上最速の量産車を導入!
インポーターに聞きました~ロータス編~

2017.03.31 JAIA輸入車試乗会2017
 
第11回:2017年はロータス史上最速の量産車を導入!インポーターに聞きました~ロータス編~の画像拡大

スパルタンなスポーツカーにこだわったラインナップで、コアなファンを獲得し続けているロータス。現在、注目を集めているモデルや、2017年に導入が予定されているニューマシンの話を聞いた。

2016年8月に日本導入された「エキシージ スポーツ350 ロードスター」。ロータスにとって販売回復のきっかけとなった一台。
2016年8月に日本導入された「エキシージ スポーツ350 ロードスター」。ロータスにとって販売回復のきっかけとなった一台。拡大
名前の通り、全世界で311台のみが生産される「3イレブン」。ロータス史上最速の量産車とアピールされており、最高速度はロードバージョンで280km/h、レースバージョンでは290km/hをマークする。
名前の通り、全世界で311台のみが生産される「3イレブン」。ロータス史上最速の量産車とアピールされており、最高速度はロードバージョンで280km/h、レースバージョンでは290km/hをマークする。拡大
あいにくの天候となったジャパン・ロータスデー2016。この路面状況でも走行を続けた熱意に感服。
あいにくの天候となったジャパン・ロータスデー2016。この路面状況でも走行を続けた熱意に感服。拡大
インタビューに応じていただいた、ロータスカーズ日本正規販売輸入代理店である、エルシーアイの谷田恵美PR&セールスプロモーションマネージャー。「エキシージ スポーツ350」の、タータンチェックの内装が大のお気に入りだそうです。
インタビューに応じていただいた、ロータスカーズ日本正規販売輸入代理店である、エルシーアイの谷田恵美PR&セールスプロモーションマネージャー。「エキシージ スポーツ350」の、タータンチェックの内装が大のお気に入りだそうです。拡大

――昨年度(2016年)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

前半は販売が伸び悩み、どうなることかと思いましたが、8月の「エキシージ スポーツ350」の発表や、11月に価格改定を行って以降は、少しずつ上昇傾向となりました。ひと安心です。

――現在、販売をけん引している車種、またイチオシの車種はどのモデルですか?

いつの時期も、販売をけん引してくれるのはやっぱり「エリーゼ」です。本当に頭が下がります。エリーゼさん、これからもよろしくお願いします。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか。可能ならば大まかな導入時期も教えてください。

現在注目の車種は、1月の東京オートサロンでも展示した「3イレブン」です。これは速いですよ。秋にはデリバリーが開始できるかと思います。それ以外にも、4月以降に「エキシージ スポーツ380」や、「エヴォーラ410」の導入を予定しています。楽しみに待っていてください。

――全国のClubpyme読者へ一言、2017年の活動をアピールしてください。

2017年も4月2日に、富士スピードウェイにてジャパン・ロータスデーを開催します。昨年は、とんでもない大雨に降られてしまったので、今年は絶対に晴れてほしいんです。皆さんもお祈りしてください(笑)。

(インタビューとまとめ=Clubpyme 藤沢 勝/写真=峰 昌宏、エルシーアイ、Clubpyme)

 

あなたにおすすめの記事
新着記事