【ニューヨークショー2017】次期型「レクサスLS」の“Fスポーツ”登場

2017.04.05 自動車ニュース

トヨタ自動車は2017年4月4日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)に、次期「レクサスLS」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」を出展すると発表した。

LSは、レクサスブランドのフラッグシップセダン。その次期型は、新世代の「GA-Lプラットフォーム」の採用により、これまでの4ドアセダンとは一線を画すデザインやレクサス独自の“すっきりと奥深い走り”を実現したとアピールされる。

今回出展される“Fスポーツ”では、GA-Lプラットフォームの特性を生かした高い操縦安定性を実現。「爽快なドライビングフィールを味わえるスポーティーバージョン」として、ガソリンエンジン車のLS500と、ハイブリッドモデル「LS500h」に設定される。

(Clubpyme)

「レクサスLS500“Fスポーツ”」
「レクサスLS500“Fスポーツ”」拡大

関連キーワード:
LS, レクサス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
ホームへ戻る