【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー

2017.04.12 自動車ニュース
「レクサスLS500“Fスポーツ”」
「レクサスLS500“Fスポーツ”」拡大

トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。

 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビューの画像拡大

今回出展されるLS500“Fスポーツ”は、次期「レクサスLS」のスポーティーバージョン。ガソリンエンジン車であるLS500のほか、ハイブリッド車「LS500h」にも設定される。新世代プラットフォーム「GA-Lプラットフォーム」の特性を生かした高い操縦安定性や、同車ならではの専用装備により、爽快なドライビングフィールを実現したという。

エクステリアは、独自の意匠で仕立てられたスピンドルグリルをはじめとする専用パーツでドレスアップ。「スパルタンでありながら精緻に作りこまれたデザイン」とアピールされる。

インテリアも、高いホールド性を実現する専用デザインのシートや、握る位置に合わせて断面形状を変化させた専用ステアリングホイール、メーターリングスライド機構を備えたTFT液晶メーターなどで、スポーティーなデザインと高い機能性を両立させた。

さらに、“Fスポーツ”ならではの走行性能を実現すべく、専用の20インチベンチレーテッドディスクブレーキや20インチランフラットタイヤ&ホイールを採用。VDIM(ビークルダイナミクスインテグレーテッドマネジメント)は、VGRS(バリアブルギアステアリング)、EPS(エレクトリックパワーステアリング)、DRS(ダイナミックリアステアリング)を統合制御する「レクサスダイナミックハンドリングシステム」に、「アクティブスタビライザー」や「AVS(アダプティブバリアブルサスペンションシステム)」を協調させ、車両のロールや上下運動の制御を可能とした。これにより、フラットな車両姿勢と、質感の高い乗り心地を実現。あらゆるシーンで優れたステアリングレスポンスと安心感を提供するという。

(Clubpyme)

→「レクサスLS500“Fスポーツ”」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
LSレクサスモーターショーニューヨークモーターショー2017自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
ホームへ戻る