仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ

2017.05.08 自動車ニュース

フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。

130psのBlueHDiディーゼルエンジンが登場

今回のマイナーチェンジで、フロントまわりのデザインが変更を受ける。グリルが従来型より切り立った形状になり、ボンネットの先端に添えられていたライオンのエンブレムがグリル内へ移動。これに伴い、ボンネットのプレスラインも変更され、バンパーのデザインもより力強いイメージのものに改められる。

先進運転支援システムについては、アクティブセーフティーブレーキとレーンキープアシストが採用され、アクティブクルーズコントロールがPSAの車両としては初めて0km/h(停止)までサポートされる(ただしAT車のみ。MT車は30km/hまで)。

その他の機能面では、スマートフォンの画面をインストゥルメントパネルのタッチスクリーンに映し出すミラースクリーン機能が加わり、Mirrorlink、Android Auto、Apple CarPlayの3規格に対応する(欧州仕様の場合)。

エンジン/ドライブトレーンでは、新開発のBlueHDi 130 直4ディーゼルユニットが登場。さらに「308GT」が搭載するBlueHDi 180ディーゼルに、新たにアイシンAW製の8段オートマチックトランスミッションが組み合わされる。

生産は引き続きフランスのソショー工場が担当する。

(Clubpyme)

マイナーチェンジを受けた「プジョー308」。
マイナーチェンジを受けた「プジョー308」。拡大

関連キーワード:
308, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
ホームへ戻る