第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
GLCクーペはレスポンスキング!?

2017.05.16 カーマニア人間国宝への道

静粛性と快適性は圧倒的

最新のディーゼルモデル4台イッキ乗りの3台目は、これまでの2台、「MINIクロスオーバー」「プジョー308SW」とはまったく格違いの「メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)」であります。

「220d」というだけに、排気量は2.2リッター(4気筒)。最高出力/最大トルクは170ps/400Nmと、スペック的にはMINIやプジョーと極めて近い。車重が2t近いので、そのぶん加速は大幅にゆったりのんびり系。それこそMINIやプジョーのような「グワワワワ!」という加速はないが、トルクが400Nmあるので、動力性能に痛痒(つうよう)を感じることもない。

このエンジンの圧倒的な静粛性と快適性には感動。これは4気筒の2リッター級ディーゼルとして究極の静かさ&振動の小ささだろう。

もちろん車格が高い分、遮音性能が凄(すご)いのは確かなのだが、ボンネットを開けてエンジンルームの脇にいても、MINIやプジョーよりかなり静かだった。

圧縮比は16.2で特に低いわけでもない。ナゼ? エンジンカバーの遮音性ですかね? メルセデスの説明文を読んでも、静粛性アップのために特別な技術が使われているという記述はないんですが、とにかく静かでした。

最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。
最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。拡大
「GLCクーペ」は2017年2月に日本に導入された。価格は627万~910万円。
「GLCクーペ」は2017年2月に日本に導入された。価格は627万~910万円。拡大
最高出力170ps、最大トルク400Nmを発生する2.2リッターディーゼルターボエンジン。「静かなエンジンにうっとり!」。
最高出力170ps、最大トルク400Nmを発生する2.2リッターディーゼルターボエンジン。「静かなエンジンにうっとり!」。拡大
なだらかな弧を描くルーフラインがリアスタイルの特徴。
なだらかな弧を描くルーフラインがリアスタイルの特徴。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • マツダが「マツダ3」の国内販売をスタート 2019.5.24 自動車ニュース マツダは2019年5月24日、新型「MAZDA3(マツダ・スリー)」を発表し、同日から販売を開始した。デザイン面では「魂動デザイン」を新たなステージに進めたほか、技術面では「SKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジー」の深化により基本性能を高めている。
ホームへ戻る