最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場

2017.06.09 自動車ニュース
「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」
「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」拡大

独ポルシェは2017年6月8日(現地時間)、新たな高性能モデル「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」を発表した。

 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大
 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大
 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大
 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大
 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大

ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズは、既存のハイパフォーマンスモデル「ポルシェ911ターボS」の走行性能をさらに高めたスペシャルモデル。911ターボSと異なり、ツッフェンハウゼン本社にある新しいPorsche Exclusive Manufakturにおいて手作業で製作される。価格は未定。

この新たなトップモデルには、専用仕立ての3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンが搭載される。最高出力は、911ターボSを27ps上回る607ps。2250-4000rpmで生み出される最大トルクは750Nm(76.5kgm)で、0-100km/hの加速タイムは2.9秒、最高速度は330km/hと公表される。燃費(欧州複合モード)は、911ターボSと同じ9.1リッター/100km(約11.0km/リッター)である。

ボンネット、ルーフ、サイドスカートなどにカーボン製パーツが採用されるエクステリアは、ルーフとボンネットに見られるカーボン模様のストリップや、ターボエアロキット、新デザインのリアエプロン、カーボン製ラムエアスクープ、2組のブラック塗装ステンレススチール製ツインテールパイプなどが特徴。フェンダーには「Porsche Exclusive Manufaktur」のプレートが添えられる。また、ゴールデンイエローメタリックをはじめとする豊富なボディーカラーが用意される。

インテリアについては、18Wayの調節機構を持つスポーツシートを装備。このシートは2層のパンチングレザーで仕立てられており、ゴールデンイエローのストライプや「Turbo S」の刺しゅうロゴが入れられる。グラブボックス上部には、リミテッドエディションであることを示すプレートを装着。「Exclusive Series」のイルミネーションがともる、カーボン仕上げのドアエントリーガードも備わる。

ポルシェはこれを機会に、ポルシェ車の特注を専門に扱う「Porsche Exclusive Manufaktur」ブランドを全世界で展開する。そのサービスには、顧客へのアドバイスや、各モデルレンジの専用オプション装備の開発、リミテッドエディションの生産が含まれるという。

(Clubpyme)

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る