スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場

2017.06.15 自動車ニュース
「マクラーレン570Sスパイダー」
「マクラーレン570Sスパイダー」拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2017年6月14日(現地時間)、英国ウェストサセックス州で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(開催期間:2017年6月29日~7月2日)において、オープンモデルの「マクラーレン570Sスパイダー」を初公開すると発表した。

 
スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場の画像拡大
 
スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場の画像拡大

「570Sクーペ」「570GT」に続いて、マクラーレンの“スポーツシリーズ”に、第3のボディースタイルを持つ570Sスパイダーが加わる。

クーペ、GTと同様、パワーユニットは570psと600Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンで、デュアルクラッチ式の7段ATが組み合わされる。0-100km/h加速が3.2秒、最高速度が328km/hという動力性能もクーペと同じで、オープン時の最高速度は315km/hと公称される。

そのルーフについては電動式で、「650S」と「675LTスパイダー」にも用いられている信頼性の高い技術を採用。強度の高いカーボンファイバー製の「モノセルIIシャシー」はコンバーチブル形状でも構造補強の必要がないとされ、クーペモデルからの重量増は46kgに抑えられている。また、ルーフの開閉に要する時間は15秒ほどで、40km/hまでは走行中でも操作できる。

オープンボディー化による空力の変化には、クーペよりも12mm高いリアスポイラーを採用することで対応。全体的な空力バランスは、クーペと同等のレベルがキープされているという。

最初の400台は「ローンチエディション」として生産される。すでに日本でも受注が開始されており、2017年秋以降のデリバリーが予定されている。価格は2898万8000円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
570S570GTマクラーレン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン600LT 2018.7.30 画像・写真 マクラーレンから高性能モデル「600LT」が登場。エンジンのパワーアップに加え、大幅な軽量化や空力特性の見直しによって運動性能を追求したモデルで、0-100km/h=2.9秒という加速力に加え、「675LT」を上回るコーナリングスピードも実現しているという。
  • マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開 2018.7.30 自動車ニュース マクラーレンが「スポーツシリーズ」の高性能モデル「600LT」を日本で初公開した。大幅な軽量化や空力性能の向上、エンジンの高出力化などを通して、動力性能を突き詰めたモデルで、約1年の期間限定で生産される。価格は2999万9000円。
  • 「アバルト124スパイダー」に発売2周年記念モデルが登場 2018.7.28 自動車ニュース 「アバルト124スパイダー」に日本導入2周年を記念した特別仕様車「2イヤーアニバーサリー」が登場。充実した装備と、「メタリックブラック」「メタリックシルバー」という2色の専用ボディーカラーが特徴。販売台数は100台限定となっている。
  • マクラーレン・セナ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.10 試乗記 誰もが知る、伝説的レーシングドライバーの名を車名とした「マクラーレン・セナ」。サーキットを走ることを第一に開発された、限りなくレーシングカーに近いハイパーカーの実力を、セナが初勝利を挙げたポルトガルのエストリルサーキットで放つ。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る