スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場

2017.06.15 自動車ニュース
「マクラーレン570Sスパイダー」
「マクラーレン570Sスパイダー」拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2017年6月14日(現地時間)、英国ウェストサセックス州で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(開催期間:2017年6月29日~7月2日)において、オープンモデルの「マクラーレン570Sスパイダー」を初公開すると発表した。

 
スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場の画像拡大
 
スポーツシリーズ第4弾、「マクラーレン570Sスパイダー」登場の画像拡大

「570Sクーペ」「570GT」に続いて、マクラーレンの“スポーツシリーズ”に、第3のボディースタイルを持つ570Sスパイダーが加わる。

クーペ、GTと同様、パワーユニットは570psと600Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンで、デュアルクラッチ式の7段ATが組み合わされる。0-100km/h加速が3.2秒、最高速度が328km/hという動力性能もクーペと同じで、オープン時の最高速度は315km/hと公称される。

そのルーフについては電動式で、「650S」と「675LTスパイダー」にも用いられている信頼性の高い技術を採用。強度の高いカーボンファイバー製の「モノセルIIシャシー」はコンバーチブル形状でも構造補強の必要がないとされ、クーペモデルからの重量増は46kgに抑えられている。また、ルーフの開閉に要する時間は15秒ほどで、40km/hまでは走行中でも操作できる。

オープンボディー化による空力の変化には、クーペよりも12mm高いリアスポイラーを採用することで対応。全体的な空力バランスは、クーペと同等のレベルがキープされているという。

最初の400台は「ローンチエディション」として生産される。すでに日本でも受注が開始されており、2017年秋以降のデリバリーが予定されている。価格は2898万8000円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
570S, 570GT, マクラーレン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • マクラーレン600LT 2018.7.30 画像・写真 マクラーレンから高性能モデル「600LT」が登場。エンジンのパワーアップに加え、大幅な軽量化や空力特性の見直しによって運動性能を追求したモデルで、0-100km/h=2.9秒という加速力に加え、「675LT」を上回るコーナリングスピードも実現しているという。
  • マクラーレン・セナ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.10 試乗記 誰もが知る、伝説的レーシングドライバーの名を車名とした「マクラーレン・セナ」。サーキットを走ることを第一に開発された、限りなくレーシングカーに近いハイパーカーの実力を、セナが初勝利を挙げたポルトガルのエストリルサーキットで放つ。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
ホームへ戻る