日産GT-Rプレミアムエディション(前編)

2017.06.29 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は日本を代表するスポーツカー「日産GT-R」に試乗する。“イヤーモデル制”が採られ、年ごとに着々と進化してきたR35型GT-R。デビューから10年を経て、その完成度はどこまで高まったのか。かつてR35を所有していた谷口が、オーナー目線で語る!

GT-Rは「すぐ速い」

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは日産が、というよりも日本が世界に誇るスポーツカーの日産GT-Rである。

GT-Rはあらゆる意味で日本車の枠組みを大きく超えたクルマだ。まず、エンジンパワーが圧倒的に大きい。デビューした2007年当時、500psに迫る最高出力を実現した日本車はGT-Rだけ。ボディー、シャシー、駆動系もこのパワーをフルに生かし切ることを前提に設計され、300km/hの巡航が可能とされた史上初の日本車でもあった。

もうひとつGT-Rで特徴的なのが、デビューから10年のときを経てもフルモデルチェンジすることなく、毎年のように緻密な改良を重ねていまなお世界トップクラスのパフォーマンスを得ていることにある。そしてそんなGT-Rの歩みを、谷口はずっと注目し続けてきたという。

「現行型のR35、僕も持っていたんですよ。2007年モデルを中古で買ったんです。当時、最高出力は480psでしたが、まあ速かった。僕はGT-Rを表現するときにただ『速い』じゃなくて『すぐ速い』という言葉を使っているんです。アクセルを踏み始めたらすぐに『ブワーッ!』って加速していく。信号が青になったら、もう瞬間的に加速している。本当に、自分が思っている以上のスピードがあっという間に出ているから、自分に自分でブレーキをかけられる人じゃないと危ないと思いますよ」

 
日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大
日産GT-Rプレミアムエディション
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570ps(419kW)/6800rpm/最大トルク:637Nm(65.0kgm)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:1170万5040円
日産GT-Rプレミアムエディション
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570ps(419kW)/6800rpm/最大トルク:637Nm(65.0kgm)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:1170万5040円拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(前編)の画像拡大

関連キーワード:
GT-R, 日産

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • Nissan GT-R50 by Italdesign 2018.6.29 画像・写真 日産とイタルデザインが初の共同開発モデルとなるプロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開。日産のGT-Rシリーズとイタルデザインの誕生50周年を記念したもので、独自のデザインだけでなく、高められた動力性能も特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
ホームへ戻る