日産GT-Rプレミアムエディション(後編)

2017.07.06 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「日産GT-R」に試乗する。歴代のGT-Rにただならぬ思いを抱いている谷口。R35型GT-Rの最終進化版ともささやかれる2017年モデルをどう評価するのだろうか?

ランボルギーニにだって負けてない

「GT-Rのエンジンはやっぱりすごくいいですよね」
日産GT-Rの試乗を終えた谷口信輝は、この日本製スーパーカーを褒めたたえる言葉を次々と口にした。

「VR38って、かなりポテンシャルを秘めたエンジンで、ちょっといじるとすぐに1000psくらいまで出ちゃうんですよ。量産仕様も、僕が持っていた2007年モデルは480psだったけれど、いまは標準モデルでも570psでしょ? しかも低回転域からものすごいトルクを生み出すから、びゅーっと加速していける」

「ギアボックスも全然スムーズになったし、タイヤの接地感も素晴らしい。本当に、誰がいつ乗っても速く走れるクルマですよね。だから、僕は国内最強のスポーツカーというか、スーパーカーだと思っています。この連載では、いままでたくさんのスーパーカーに乗ってきたじゃないですか。その一台一台にしっかりとした個性があってどれも捨てがたいし、ランボルギーニ(ウラカン)もアウディ(R8)も本当に速かった。でも、GT-Rのパフォーマンスはそういう本物のスーパーカーに全然負けていない。海外の人の目で見たら、完全にスーパーカーでしょう。格好が、ちょっとスーパーカーらしくないけれど……」

といいつつ、谷口もGT-Rのスタイリングは気に入っているそうだ。
「ヘッドライトのところに入っている稲妻マーク、僕は結構好きなんですよ。まあ、格好だけでいったら『GT-Rニスモ』のほうが好きですけどね。“セメント塗りたて”のところをベタベタ手で触っちゃったみたいに見えるリアウイングもいいですしね」

 
日産GT-Rプレミアムエディション(後編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(後編)の画像拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(後編)の画像拡大
日産GT-Rプレミアムエディション
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570ps(419kW)/6800rpm/最大トルク:637Nm(65.0kgm)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:1170万5040円
日産GT-Rプレミアムエディション
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570ps(419kW)/6800rpm/最大トルク:637Nm(65.0kgm)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:1170万5040円拡大
 
日産GT-Rプレミアムエディション(後編)の画像拡大

関連キーワード:
GT-R, 日産

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る