日産が「フェアレディZ」を一部改良

2017.07.07 自動車ニュース
「日産フェアレディZバージョンST」
「日産フェアレディZバージョンST」拡大

日産自動車は2017年7月6日、「フェアレディZ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大
 
日産が「フェアレディZ」を一部改良の画像拡大

今回の一部改良では、ヘッドランプとリアコンビランプの輪郭をブラックハウジングで強調し、アウトサイドドアハンドルやリアバンパーの下部をブラックとするなど、エクステリアデザインの一部を変更。さらに、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を設定したほか、「バージョンS」と「バージョンST」にはブラック塗装と切削光輝加工を施した19インチ鍛造アルミホイールを採用した。

走りに関する部分では、新型の高効率クラッチを採用することで、クラッチペダルを軽くするとともに、半クラッチコントロールの操作性を向上させた。

このほかにも、車内からバックドアを開けられる「バックドアアウトサイドオープナースイッチ」を装備したほか、中間膜に遮音層を挟んで遮音性を向上させたフロントガラスを採用することで車内の静粛性を向上。高性能モデルの「NISMO」については、転がり抵抗を20%低減した新タイヤを装着することで、ロードノイズの1dbの低減(50km/h時)と燃費の改善を実現しているという。

価格は390万7440円から640万1160円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
フェアレディZ, 日産, フェアレディZロードスター, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)【試乗記】 2007.12.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)
    ……569万1000円

    レーシングエンジンと同様のパーツを組み込んだ、専用の3.8リッターユニットを搭載するクルマが「フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS」。レーシングエンジンと聞くと気むずかしい印象があるが……。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR "TOYOTA" Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新g多スープラの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る