ダイハツ、軽乗用車「ムーヴ」の運転支援システムを大幅強化

2017.08.01 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴX“SA III”」
「ダイハツ・ムーヴX“SA III”」拡大

ダイハツ工業は2017年8月1日、軽乗用車「ムーヴ」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「ムーヴX“SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ムーヴX“SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」拡大
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」のリアビュー。
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」のリアビュー。拡大
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ムーヴ カスタムRS“ハイパーSA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大

ダイハツ・ムーヴは1995年にデビューしたハイトワゴンタイプの軽乗用車である。現行型は6代目のモデルにあたり、2014年12月に登場している。

今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムに最新の「スマートアシストIII」を採用。このシステムは新型「ミラ イース」から導入が進められているもので、自動緊急ブレーキが歩行者にも対応するなど、機能が大幅に強化されている。さらに、モニターに自車の俯瞰(ふかん)映像を表示することで駐車時などの運転を支援する「パノラマモニター」も新たに設定している。

またアルミホイールの形状を変更するなど、各部のデザインにも手を加えており、標準車のムーヴではメッキグリルの採用などによってエクステリアの質感を向上。「ムーヴ カスタム」ではエクステリアに新開発の多灯薄型LEDヘッドランプやクリアタイプのインナーレンズを使ったリアコンビネーションランプを採用したほか、インテリアでもインストゥルメントパネルガーニッシュの意匠を変更している。またリアシートの背もたれの背面に、荷室側からリアシートをスライドできるレバーを設置するなど、使い勝手の改善も図っている。

価格はムーヴが111万2400円から147万4200円、ムーヴ カスタムが137万1600円から174万9600円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
ムーヴ, ムーヴカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • ダイハツ・ミラ トコットG“SA III”(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.27 試乗記 ダイハツから新型軽自動車「ミラ トコット」が登場。従来の女性向けモデルのあり方を問い直し、徹底してシンプルさを追求したというそのカタチは、クルマ好きにどう映るのか? 自らを“オッさん”と称する筆者が、その魅力を探った。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る