第4回:純日本車発進! トヨペット・クラウン
自動車産業の礎を築いた自主開発モデル

2017.08.10 自動車ヒストリー 1955年の初代「トヨペット・クラウン」の登場は、日本の自動車産業に大きな影響をもたらした。“純国産乗用車”の完成にいたる戦前・戦後のトヨタの取り組みを、当時の自動車産業のさまや、社会の世相とともに紹介する。

欧米との技術提携を拒んだトヨタ

戦争が終わって10年後の1955年は、日本の自動車史にとって大きな意味を持つ。この年、トヨペット・クラウンが発売されたのだ。日本では戦前から自動車生産が始まっていたし、戦後もさまざまなメーカーが自動車の製造に乗り出している。それでも、クラウンの登場は特別な出来事として記憶されなければならない。“純国産乗用車”と呼べるクルマは、クラウンが発売されるまで皆無だったからだ。

1945年の9月、GHQは軍需工場を民需に転換させる指令を出した。兵器を製造していた三菱重工業や中島飛行機などは解体され、航空機の研究・生産が禁じられた。戦時中に軍用車を製造していたトヨタや日産は、民間用自動車製造に舵を切る。ただ、GHQが指定したのはトラックの生産のみであり、乗用車の生産は許可されていない。

状況が変わったのは1947年である。年間300台という限定付きで1500cc以下の小型乗用車の製造が許可され、ようやく日本の自動車産業が復興に向かった。立川飛行機の自動車開発部門は、ガソリン不足を見越して電気自動車の「たま」を発売する。東洋工業やダイハツが製造した簡便なオート三輪も人気を博した。日産はセダンの「ダットサンDA型」を発表する。しかし、シャシーとエンジンは戦前のものを流用しており、生産台数はわずかだった。 

技術レベルを向上させるため、当時の通産省は欧米の自動車メーカーとの技術提携を促した。日産がオースチン、いすゞがルーツ、日野がルノーをパートナーに選び、ノックダウン生産を行うことになる。生産を請け負うことで技術を学び、部品の国産化率を高めることを目指したのだ。提携が一定の成果をあげる中、トヨタは別の道を選んだ。自力で国産乗用車を開発することにこだわったのだ。

1955年1月に発売された初代「トヨペット・クラウン」は、海外メーカーのモデルのノックダウン生産が主流だった時代に、トヨタが自主開発した“純国産”の乗用車だった。
1955年1月に発売された初代「トヨペット・クラウン」は、海外メーカーのモデルのノックダウン生産が主流だった時代に、トヨタが自主開発した“純国産”の乗用車だった。拡大
日産がリリースした「ダットサンDA型」。後に、より流線形のボディーをまとう「DB型」が登場した。
日産がリリースした「ダットサンDA型」。後に、より流線形のボディーをまとう「DB型」が登場した。拡大
1947年に登場した電気自動車の「たま」。セダンに加え、0.5t積みのトラックなども存在した。
1947年に登場した電気自動車の「たま」。セダンに加え、0.5t積みのトラックなども存在した。拡大
戦後、日本の自動車メーカーは欧米メーカーとの提携によって技術力の向上を図った。写真は日野が仏ルノーとのライセンス契約によってノックダウン生産を行った「ルノーPA型」。
戦後、日本の自動車メーカーは欧米メーカーとの提携によって技術力の向上を図った。写真は日野が仏ルノーとのライセンス契約によってノックダウン生産を行った「ルノーPA型」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスE(FF/CVT)【レビュー】 2016.1.22 試乗記 ハイブリッドカーの先駆けである「トヨタ・プリウス」が4代目にフルモデルチェンジ。シリーズ最高で40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能や、このクルマで初採用されたトヨタの次世代技術「TNGA」など、話題満載の新型の走りをリポートする。
ホームへ戻る