「ロータス・エヴォーラGT430」の受注がスタート

2017.08.08 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラGT430」
「ロータス・エヴォーラGT430」拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2017年8月8日、高性能スポーツカー「ロータス・エヴォーラGT430」の受注を開始した。

 
「ロータス・エヴォーラGT430」の受注がスタートの画像拡大
 
「ロータス・エヴォーラGT430」の受注がスタートの画像拡大

エヴォーラGT430は、「一般公道を走行できるロータスの中で、史上最もパワフル」とうたわれるモデル。すでに英ロータスカーズから車両の概要が発表されており、436psを発生するスーパーチャージャー付き3.5リッターV6エンジンや、軽量パーツの採用によって実現した1258kgの乾燥重量などを特徴とする。

価格は1944万円で、全世界で60台のみが販売される。

(Clubpyme)

 

関連キーワード:
エヴォーラ, ロータス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • BMW M4カブリオレ コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2019.1.18 試乗記 最高出力450psの直6ターボを搭載するBMWのオープン4シーター「M4カブリオレ コンペティション」が上陸。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、これまでのMモデルとは違ったキャラクターが見えてきた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る