「ロータス・エヴォーラGT430」の受注がスタート

2017.08.08 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラGT430」
「ロータス・エヴォーラGT430」拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2017年8月8日、高性能スポーツカー「ロータス・エヴォーラGT430」の受注を開始した。

 
「ロータス・エヴォーラGT430」の受注がスタートの画像拡大
 
「ロータス・エヴォーラGT430」の受注がスタートの画像拡大

エヴォーラGT430は、「一般公道を走行できるロータスの中で、史上最もパワフル」とうたわれるモデル。すでに英ロータスカーズから車両の概要が発表されており、436psを発生するスーパーチャージャー付き3.5リッターV6エンジンや、軽量パーツの採用によって実現した1258kgの乾燥重量などを特徴とする。

価格は1944万円で、全世界で60台のみが販売される。

(Clubpyme)

 

関連キーワード:
エヴォーラロータス 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
ホームへ戻る