第55回:中古車の愛と誠

2017.08.22 カーマニア人間国宝への道

諸経費が高すぎる!

海千山千な中古ドイツ車専門店に、目当ての「BMW 320d」を見に来た私。

なにしろ180台中6番目に安かった激安車だ。激安車を売ってるお店は激安店。安い中古車には必ず理由がある。高い中古車には必ずしも理由はない。それが鉄則なだけに緊張感は高い。

思えばこれまで中古車を34台買ってきたが、「クルマを見るな、人を見ろ」で、信頼できそうなお店ばかりを選んできた。安さも大事だけど、気持ちよくクルマを買いたい! そうすると結果的に安上がり! そういう好循環があった。

しかし今回私は、グレードや価格だけでこのお店にやってきた。そこにぬくもりはない。決闘のようなものだ。

責任者らしき人物は、「あ~、お待ちしてました」とにこやかに迎えてくれた。事前にアポを入れるという、中古車店訪問時の鉄則を守ったおかげか。

見た感じは、海千山千の中年男。ただそんなに悪人風ではない。もちろんエグザイル風でもない。

「黒の320dですよね、こちらです」

そのクルマは十分キレイで、かなりいい感じに見えた。これが車両本体223万円。諸経費込みで255万円。諸経費が合計32万円というのはちょっと高いが、総額でも十分激安だ。

それでもやはり、諸経費が高いのは、非・良心的な店の揺るぎない特徴だけに、完全に心を許すことはできない。

お目当ての「BMW 320d」とともに。
お目当ての「BMW 320d」とともに。拡大
以前、2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」。高額だが、なじみの店で買うという安心感があった。(写真=池之平昌信)
以前、2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」。高額だが、なじみの店で買うという安心感があった。(写真=池之平昌信)拡大
世の中には総額18万円で買える激安中古車もある。
世の中には総額18万円で買える激安中古車もある。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • フォルクスワーゲンTクロス(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.4.2 試乗記 日本への導入がうわさされる、フォルクスワーゲンの都会派クロスオーバー「T-Cross(Tクロス)」。新たなコンパクトモデルはどんなクルマに仕上がっているのか? スペインはマヨルカ島で試乗した印象を報告する。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る