アストンの「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズに2つのニューモデル登場

2017.08.16 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート スピードスター」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート スピードスター」拡大

英アストンマーティンは2017年8月15日(現地時間)、米国カリフォルニア州カーメルにおいて「ヴァンキッシュ ザガート スピードスター」「ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク」を生産すると発表した。

 
アストンの「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズに2つのニューモデル登場の画像拡大
 
アストンの「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズに2つのニューモデル登場の画像拡大
「ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク」
「ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク」拡大
「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズの4モデル。
「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズの4モデル。拡大

今回の2モデルは、「ヴァンキッシュ ザガート クーペ」「ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」に続く、ヴァンキッシュ ザガートの第3、第4のモデルである。

ヴァンキッシュ ザガートとは、最高出力600psのV12エンジンを搭載する、「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」をベースとしたスペシャルモデルであり、ザガートの手になるデザインはもちろん、モデルごとに異なるチューニングを施したサスペンションのアダプティブ・ダンピング機能も特徴とされている。

生産が発表された2モデルのうち、スピードスターは完全な“ルーフレス・デザイン”が特徴のオープントップモデルで、シートの後方にはザガートの特徴であるダブル・バブル・ルーフに着想を得た流線形のカウルを採用。「オープントップの超高性能スポーツカーならではのエキサイトメント」を表現しているという。

一方のシューティングブレークは、長いルーフラインが特徴の2シーターモデルで、電動式のテールゲートを持つ荷室にはカスタムメイドのラゲッジセットを採用。ダブル・バブルのデザインが用いられたルーフには、コックピットに光を導くガラスインレイが装着されている。

生産台数は、シューティングブレークがクーペやヴォランテと同じ99台で、2018年の生産開始を予定。一方のスピードスターは28台となっているが、こちらについてはすでに全車売約済みで、2018年内の納車が予定されている。

(Clubpyme)

◆「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ヴォランテ」シリーズのフォトギャラリーはこちら
 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ, ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.14 試乗記 誕生からおよそ40年を経て初のフルモデルチェンジを迎えた、メルセデスのヘビーデューディーSUV「Gクラス」。見た目はかつてのままのようだが、その乗り味は……? “変わったところ”と“変わらぬところ”を、「G550」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る