第56回:激安店の粗悪車(?)に賭けろ!

2017.08.29 カーマニア人間国宝への道

木を見ず、森を見よ

私は買った。激安中古ドイツ車店で激安「BMW 320dスポーツ」を! 「希望ナンバー手数料2万円」という諸経費の高さに失神しそうになりながら敢然と買った。いったいナゼ!?

確かに希望ナンバー手数料2万円は法外だ。しかし法外といってもしょせんは2万円。2万円で全体、つまり総額を見失ってはいけない。なにせ総額は安いんだから!

ただ、もうひとつ失神しそうな事実があった。そのクルマは最初の車検までまだ2カ月あるはずが、一時抹消登録によって「車検なし」だったのだ。車検が残ってりゃ、あと2カ月はディーラーの新車保証が効いたはずなのに、それもないのれすよ~~~~!

責任者「車検残2カ月なんてクルマ誰も買いませんから、ウチはいったん抹消登録するんです」

そんなことないヨー! 中古車ってオーナーが変わった直後にトラブルが出やすいんだから。おかげで新車保証はナイし、車検もこの店で取らざるを得ナイ。

これも、車検費用になにがしか上乗せして、車両本体の安さを取り戻す戦略か……。

しかし私は冷静になって考えた。

このクルマ、走行距離は2.4万kmだし、ボディーカラーやグレードも狙い通りだ。諸経費は高いが、ボディーコーティング(8万円)やら追加保証(6万4000円)やらをはずせば、車検費用込みで約32万円、支払総額255万円。やっぱり安いんだよ! ほぼ同条件のクルマが、ディーラー系だと、支払総額で40万円くらい高いんだから!

“エリート特急”こと「BMW 320dスポーツ」の新車時の車両本体価格は527万円。3年落ちで総額255万円は激安だ!
“エリート特急”こと「BMW 320dスポーツ」の新車時の車両本体価格は527万円。3年落ちで総額255万円は激安だ!拡大
自宅車庫にて。奥には「フェラーリ328GTS」が収まる。
自宅車庫にて。奥には「フェラーリ328GTS」が収まる。拡大
いい買い物ができた証しとして、大乗フェラーリ教のオリジナルグッズである、「節約。」プレートを貼ってみた。(写真=池之平昌信)
いい買い物ができた証しとして、大乗フェラーリ教のオリジナルグッズである、「節約。」プレートを貼ってみた。(写真=池之平昌信)拡大
“エリート特急”の2リッター直4 DOHC ターボディーゼル エンジンは最高出力184ps、最大トルク380Nmを発生する。(写真=池之平昌信)
“エリート特急”の2リッター直4 DOHC ターボディーゼル エンジンは最高出力184ps、最大トルク380Nmを発生する。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)/911カレラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.6 試乗記 2018年11月にロサンゼルスモーターショーでデビューした8代目「ポルシェ911(タイプ992)」に、スペイン・バレンシアで初試乗。新型911のベースモデルともいうべき「カレラS」と「カレラ4S」のステアリングを握れば、タイプ992の実力とポルシェの狙いがきっと見えてくるはずだ。
  • 新型「BMW 3シリーズ」の先行受注がスタート 2019.1.30 自動車ニュース BMWジャパンは2019年1月30日、スポーツセダンの新型「BMW 3シリーズ」を発表した。同年3月9日に販売を開始する。新世代のデザイン要素を取り入れ、よりスポーティーかつ洗練されたデザインとなっている。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
ホームへ戻る