フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表

2017.08.23 自動車ニュース
「フェラーリ・ポルトフィーノ」
「フェラーリ・ポルトフィーノ」拡大

伊フェラーリは2017年8月23日、新型オープンスポーツカー「フェラーリ・ポルトフィーノ」の概要を発表した。

 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大
 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大
 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大
 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大
 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大

ポルトフィーノは、「カリフォルニアT」の後継となる4シーターオープンモデル。2017年9月のフランクフルトモーターショーでの正式デビューが予定されている。

リトラクタブルハードトップを持つボディーはフェラーリ・デザインセンターが手がけたもので、サイズは全長×全幅×全高=4586×1938×1318mm。前後の重量配分は46:54となっている。最新鋭の製造技術を導入してボディーシェルの全コンポーネントを再設計した結果、軽量化とねじり剛性の強化を実現したという。

フロントには、ターボ付きの3.9リッターV8エンジンが搭載される。最高出力はカリフォルニアT比で40ps増しとなる600ps。最大トルクは760Nmで、0-100km/hの加速タイムは3.5秒、最高速度は320km/hと公表される。

ポルトフィーノは、選択したギアによって伝達トルクを調整する「バリアブル・ブースト・マネジメント」を搭載。すべてのギアにおいて、カリフォルニアTを上回る加速性能と優れた燃費性能を獲得した。また、第3世代の電子リアディファレンシャル(E-Diff3)の働きにより、限界域でのコントロール性を改善。E-Diff3と電動パワーステアリングを統合制御することでステアリングレシオを7%下げ、高速走行時の安定性を保ちつつ、ステアリングレスポンスを向上させたという。

居住性については、広々としたトランクルームや、先代よりも拡大された後席の足元スペース、10.2インチタッチスクリーンのインフォテインメントシステム、パッセンジャー用のディスプレーなどがセリングポイントとなっている。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ポルトフィーノ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • ハーレーダビッドソン・アイアン1200(MR/5MT)【レビュー】 2019.4.12 試乗記 ハーレーダビッドソンのラインナップにおいて、日本で根強い人気を誇る「スポーツスター」ファミリー。中でも70年代に範を求めたデザインが目を引くのが「アイアン1200」だ。アメリカンとヨーロピアン、双方のバイクの特徴を併せ持つ、その走りをリポートする。
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • トライアンフ・スピードツイン(MR/6MT)【レビュー】 2019.4.1 試乗記 クラシカルなスタイリングとスポーティーな走りが身上の「トライアンフ・スピードツイン」。往年の名車の名を冠する生粋のスポーツバイクは、その名に恥じない本格的なパフォーマンスと、オーナーの所有欲を満たす上質さを併せ持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る