限定車「BMW 3シリーズ Mスポーツ Edition Shadow」登場

2017.08.28 自動車ニュース
「BMW 3シリーズ Mスポーツ Edition Shadow」
「BMW 3シリーズ Mスポーツ Edition Shadow」拡大

BMWジャパンは2017年8月28日、「BMW 3シリーズ」の「Mスポーツ」をベースとする1300台限定の特別仕様車「3シリーズ Mスポーツ Edition Shadow(エディションシャドー)」の受注を開始した。納車の時期は、同年10月初旬以降になる見込み。

フロントまわりは、ダーク色のLEDヘッドライトやブラックキドニーグリルが装着される。
フロントまわりは、ダーク色のLEDヘッドライトやブラックキドニーグリルが装着される。拡大
ブラックのダコタレザーで仕立てられた、「3シリーズ Mスポーツ Edition Shadow」のインテリア。
ブラックのダコタレザーで仕立てられた、「3シリーズ Mスポーツ Edition Shadow」のインテリア。拡大
「3シリーズ ツーリング Mスポーツ Edition Shadow」のリアビュー。
「3シリーズ ツーリング Mスポーツ Edition Shadow」のリアビュー。拡大

今回の3シリーズ Mスポーツ Edition Shadowは、「3シリーズ Mスポーツのスポーティーなスタイルと走りの魅力をより印象的に磨き上げた」とされる限定モデル。ベースとなるのは「318i」「318iツーリング」「320i」「320iツーリング」「320i xDrive」「320i xDriveツーリング」「320d」のMスポーツで、以下の特別装備が与えられる。

【エクステリア】

  • サンセットオレンジのボディーカラー
  • ブラックキドニーグリル
  • 専用ダーク色のLEDヘッドライト
  • 専用ダーク色のLEDテールライト
  • バイカラーの専用19インチMライトアロイホイール(オービットグレー)

【インテリア】

  • マルチディスプレイメーターパネル
  • ブラックのダコタレザーシート(専用のダークカーボン調トリムにブルーのステッチ入り) ※318iおよび318iツーリングのMスポーツ Edition Shadowはセンサテックレザーブラックを採用
  • 専用装備のステンレスペダルおよびフットレスト

価格は以下の通り。

  • 318i Mスポーツ Edition Shadow:518万円
  • 320i Mスポーツ Edition Shadow:595万円
  • 320i xDrive Mスポーツ Edition Shadow:627万円
  • 320d Mスポーツ Edition Shadow:619万円
  • 318iツーリング Mスポーツ Edition Shadow:540万円
  • 320iツーリング Mスポーツ Edition Shadow:617万円
  • 320i xDriveツーリング Mスポーツ Edition Shadow:649万円

(Clubpyme)

関連キーワード:
3シリーズ セダン, 3シリーズ ツーリング, BMW, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.12.26 試乗記 BMWのセダンをBMWのセダンたらしめてきたものといえば、ライバルとは一線を画した走りのスポーティーさだ。7代目となる新型「3シリーズ」は、歴代モデルが受け継いできたそのアイデンティティーを、一気に昇華させたモデルといえるだろう。スペイン南部、アルガルヴェで試した。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • モデューロの歴史を彩る新旧3台を比較試乗 2018.12.21 Moduloの25年史<PR> ホンダの純正カスタマイズブランド、Modulo(モデューロ)のコンプリートカー「ホンダS660モデューロX」に試乗。モデューロの用品を取り付けた「ビート」や初代「NSX」との比較なども通して、このブランドの特徴と、今日に受け継がれる走りの思想を探った。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る