戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売

2017.09.01 自動車ニュース
「ミツオカ・ヒミコ ラン」
「ミツオカ・ヒミコ ラン」拡大

光岡自動車は2017年9月1日、特別仕様車「ヒミコ 乱(ラン)」を発表した。9月2日に4台限定で発売する。

異なる色と素材を組み合わせて仕立てられた、「片身替」と呼ばれるシート。ヘッドレストには「乱」のロゴが添えられる。
異なる色と素材を組み合わせて仕立てられた、「片身替」と呼ばれるシート。ヘッドレストには「乱」のロゴが添えられる。拡大
インテリアもエクステリアと同様、レッドの差し色でドレスアップされる。
インテリアもエクステリアと同様、レッドの差し色でドレスアップされる。拡大
金沢の金箔(きんぱく)で飾られた、助手席前方のインストゥルメントパネル。
金沢の金箔(きんぱく)で飾られた、助手席前方のインストゥルメントパネル。拡大
専用デザインの18インチアルミホイール。
専用デザインの18インチアルミホイール。拡大
 
戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売の画像拡大

今回のヒミコ ランは、三越日本橋本店とGAME SYMPHONY JAPAN(GSJ)によるコラボレーションイベント「GSJ PREMIUM WEEK ~Vol.2~」の連動企画として販売される限定車。日本古来の「武の美」が開発テーマにかかげられている。

ボディーカラーは、漆黒(しっこく:ブラック)と藍鼠(あいねず:グレー)の2色をラインナップ。いずれも、ルーフパネルとボディーサイドに朱殷(しゅあん:レッド)のアクセントカラーを採用した、2トーン仕上げとなっている。

インテリアについては、戦国武将の織田信長が愛用したとされる「片身替」をイメージした、漆黒と朱殷のコンビシートが特徴。そのほか、金沢の金箔(きんぱく)をちりばめた助手席前方のパネルや、七宝焼のグリルバッジ、甲冑(かっちゅう)の一部を連想させるアルミホイールなど、専用のアイテムが装着される。

ヒミコ ランの特別装備は以下の通り。

<エクステリア>

  • 専用ボディーカラー「花吹雪」(漆黒と藍鼠の2色展開)
  • 専用ラジエーターグリルバッジ(七宝焼)
  • 専用フェンダーエンブレム
  • 専用フロントオーバーフェンダー
  • 専用18インチアルミホイールおよび225/35R18タイヤ

<インテリア>

  • 専用刺しゅう入り「片身替」デザインシート
  • 専用インパネデコレーションパネル(漆黒<純金箔入り>/朱殷)
  • 専用シフトノブ(漆黒<金色フレーク入り>)
  • 専用パーキングブレーキレバー(漆黒<金色フレーク入り>/朱殷)
  • 専用シフトベース(漆黒<金色フレーク入り>/朱殷)
  • 専用レザードアトリム(朱殷)
  • 専用インナードアハンドル(漆黒<金色フレーク入り>)
  • 専用ドアアシストグリップベゼル(朱殷)
  • 専用ドアトリムマルチポケット(漆黒<金色フレーク入り>)

価格は638万円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • 安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開 2018.12.6 自動車ニュース 光岡自動車は2018年12月6日、オープン2シーター「ミツオカ・ヒミコ」の仕様・装備を一部変更すると発表した。ボディーカラーの選択肢がこれまでの7色から最大30色に拡大されるとともに、安全装備の充実が図られている。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
ホームへ戻る