トヨタ・アルファード ロイヤルラウンジSP(前編)

2017.09.07 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は、トヨタモデリスタインターナショナルが手がける「アルファード」のコンプリート車、「ロイヤルラウンジSP」である。旅客機のファーストクラスもかくやの贅沢(ぜいたく)な室内に、谷口のテンションは上がりっぱなし。“1500万円のアルファード”が世に問う究極のラグジュアリーを、じっくりチェックしていこう。

VIPシート、大型モニター、JBLオーディオ、冷蔵庫……

「スッゲー、スッゲー。なんだこれ? あっらー。あららららー。ウワッ。これいいね。これいい。へー。すっごい、なにこれ。うわー!!」

先ほどから言葉にならない感嘆詞を上げ続けているのは、ご存じ谷口信輝。われわれスタッフが待ち受ける集合場所にやってきた谷口は、誰に指示されたわけでもないのにこのクルマに乗り込むと、アチコチをのぞき込んでアレコレ操作しては、テンションマックスの状態で自らの驚きと喜びを表現していたのである。

その試乗車は超高性能なスーパースポーツカーか、贅(ぜい)を尽くした超高級車かと誰もが想像を巡らせることだろう。しかし、彼が目を輝かせて観察していたのは、日本中のアチコチで目にするトヨタのアルファードだったのだ。

もっとも、「タダのアルファード」だったら、さすがの谷口もここまでは驚かなかったはず。なにしろ、彼自身もアルファードのオーナーなのだから……。この日、谷口が狂喜乱舞したアルファードは、あのモデリスタが特別に仕立てたロイヤルラウンジSPだったのである。

ロイヤルラウンジSPとよりベーシックな「ロイヤルラウンジ」は、モデリスタが「ようこそ、日本の美意識に根ざした極上のおもてなし空間へ」と銘打って開発した「アルファード」と「ヴェルファイア」のコンプリートカー。その概要はといえば、まず3列目シートを取っ払うことで生まれた広大な空間に、飛行機のファーストクラスもかくやというような贅沢なレザーシートを2脚設置。そこに大型ディスプレイ、JBL製オーディオ、冷蔵庫、テーブルといった豪華装備を「これでもか!」というくらいちりばめたもの。

手間ひま掛けて作られたこともあってお値段もビックリするほど高く、今回取材した「ハイブリッド E-Four」というグレードを例に挙げると、ロイヤルラウンジで1439万円強。これに運転席側とキャビン側を仕切るフルパーテーションを付け加えたロイヤルラウンジSPだと1546万0691円もする。つまり、特別も特別、世にも珍しい超豪華なアルファードが、ロイヤルラウンジSPなのである。

 
トヨタ・アルファード ロイヤルラウンジSP(前編)の画像拡大
 
トヨタ・アルファード ロイヤルラウンジSP(前編)の画像拡大
 
トヨタ・アルファード ロイヤルラウンジSP(前編)の画像拡大
トヨタ・アルファード ロイヤルラウンジSP(ハイブリッド E-Four)
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4915×1850×1950mm/ホイールベース:3000mm/車重:2220kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:152ps/5700rpm/エンジン最大トルク:206Nm(21.0kgm)/4400-4800rpm/フロントモーター最高出力:143ps/フロントモーター最大トルク:270Nm/リアモーター最高出力:68ps/リアモーター最大トルク:139Nm/タイヤ:(前)225/60R17 (後)225/60R17/車両本体価格:1546万0691円
トヨタ・アルファード ロイヤルラウンジSP(ハイブリッド E-Four)
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4915×1850×1950mm/ホイールベース:3000mm/車重:2220kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:152ps/5700rpm/エンジン最大トルク:206Nm(21.0kgm)/4400-4800rpm/フロントモーター最高出力:143ps/フロントモーター最大トルク:270Nm/リアモーター最高出力:68ps/リアモーター最大トルク:139Nm/タイヤ:(前)225/60R17 (後)225/60R17/車両本体価格:1546万0691円拡大
 
トヨタ・アルファード ロイヤルラウンジSP(前編)の画像拡大

関連キーワード:
アルファード, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • トヨタ・アルファード 2015.1.26 画像・写真 「トヨタ・アルファード」がフルモデルチェンジ。新型の姿を写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2019】キャデラックがミドルクラスセダン「CT5」を発表 2019.3.19 自動車ニュース ゼネラルモーターズは2019年3月18日(現地時間)、米ニューヨークで開催されるニューヨーク国際自動車ショー(ニューヨークモーターショー、開催期間:2019年4月17日~29日)において、キャデラックブランドの新型ミドルクラスセダン「CT5」を世界初公開すると発表した。
ホームへ戻る