第59回:「EV化の流れは止まらない」のウソ

2017.09.19 カーマニア人間国宝への道

ディーゼルが消えるってホント!?

このように支払総額255万円にて3年落ち2.4万km走行の「BMW 320d」を買った不肖ワタクシですが、購読している日本経済新聞には、不穏なことばかり書いてある。

「英仏が2040年に内燃車の国内販売を禁止」
「中国も内燃車全廃の時期を検討中」
「止まらないEVシフト」

世界はEV化に向けて完全に舵を切っている。その発火点となったのはフォルクスワーゲンのディーゼル不正。EV化の進展によって真っ先に消えるのはディーゼルエンジン。そのような論調だ。

本当ですか!?

もはやディーゼルに未来はなく、EV化は誰にも止められない。そのように断言されているように強く感じる今日この頃ですが、これ書いてる日経の記者サンは、次は絶対EV買うって決めてるんでしょーか?

よく「充電設備がもっと充実すればEV化は進む」といった記事も読みますが、EVって自宅に充電設備があることが前提だよね。そうじゃないと、しょっちゅう充電スタンドで急速充電しなきゃならないから。急速充電は電池の寿命を縮めるともいうし(テスラは例外とも?)。

とにかく持ち家で自宅に車庫がないとEV化はムリっつーか「はぁ?」って感じなわけですけど、日本の持ち家比率は61%。うち戸建ては55%。61%×55%で、EV化は33%が目一杯つーことになる。

もちろん、EVの販売比率は現在まだ0.6%に過ぎず、それが33%になりゃ「EV化は止まらないぞワッショイ!」って感じだけど、日本も2040年に内燃車禁止! とか政府が言い出したら、それこそ「はぁ?」と言うしかない。

筆者の愛車“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
日本経済新聞では連日のようにEV化に関する記事が掲載されている。果たして、真っ先に消えるのはディーゼルエンジンなのか!?
日本経済新聞では連日のようにEV化に関する記事が掲載されている。果たして、真っ先に消えるのはディーゼルエンジンなのか!?拡大
BMWのディーゼルエンジンもなくなってしまうのか!?(写真=池之平昌信)
BMWのディーゼルエンジンもなくなってしまうのか!?(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.12.26 試乗記 BMWのセダンをBMWのセダンたらしめてきたものといえば、ライバルとは一線を画した走りのスポーティーさだ。7代目となる新型「3シリーズ」は、歴代モデルが受け継いできたそのアイデンティティーを、一気に昇華させたモデルといえるだろう。スペイン南部、アルガルヴェで試した。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • モデューロの歴史を彩る新旧3台を比較試乗 2018.12.21 Moduloの25年史<PR> ホンダの純正カスタマイズブランド、Modulo(モデューロ)のコンプリートカー「ホンダS660モデューロX」に試乗。モデューロの用品を取り付けた「ビート」や初代「NSX」との比較なども通して、このブランドの特徴と、今日に受け継がれる走りの思想を探った。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る