第61回:輸入中古車LOVE(後編)

2017.10.03 カーマニア人間国宝への道

“若者”であれば問題なし

輸入中古車評論家・伊達軍曹との身内対談、後編。不肖ワタクシが買った激安中古「BMW 320d」について、軍曹に「あのお店は10点満点で3.5点」と厳しい評価を突きつけられ、衝撃を受けた前編から続く。

清水草一(以下 清):そんなに低いの(笑)!?

伊達軍曹(以下 伊):ただ、あのお店のクルマのスペックはさほど低くないです。

清:スペックって?

伊:中古車としての数値的な条件のことです。扱ってる個体の年式はどれも新しめだし、走行距離もそこそこ。だからお店のオーラは良くないけど、クルマ自体はそう悪くもないのかな? とは思ってましたね。

清:クルマを買うのってカーマニア最大の娯楽だから、クルマがいいだけじゃなく、いいお店で気持ちよく買いたいって思うよね。でもそれって贅沢(ぜいたく)だよね? 贅沢は高くて当然。ディーラーでアプルーブドカーを買ってれば、安心・安全で礼儀正しいんだから気分はいいけど、カーマニアたるもの、多少は冒険をすべきじゃないか。そういうことで今回は軍曹の制止を振り切って、あえて空気の悪い店で買ってみたわけ。

伊:私も清水さんの決断で、目が開いた部分があります(笑)。3年落ち以内の個体だったら基本的にはそう大きなトラブルなんてないわけですから、お店の良しあしはあんまり関係ない。だったらそこにこだわらなくてもいいかもしれない、と。

清:たとえ3年間不摂生していたとしても、まだ若いから大丈夫、みたいな(笑)。

伊:これが6年、7年落ち、つまり人間でいう30代以上になると不摂生は生活習慣病に直結しますが、3年落ちぐらいの“若者”なら、ハンバーガーとコーラだけで生活していたとしても、そこから生活を改善すればなんとかなります。

当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏(左)と、今回のゲスト、輸入中古車評論家の伊達軍曹(右)。伊達氏は、清水氏が代表を務める編集プロダクション「有限会社フォッケウルフ」の創業メンバーでもある。
当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏(左)と、今回のゲスト、輸入中古車評論家の伊達軍曹(右)。伊達氏は、清水氏が代表を務める編集プロダクション「有限会社フォッケウルフ」の創業メンバーでもある。拡大
清水氏が“海千山千の激安中古車店”で購入したという「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
清水氏が“海千山千の激安中古車店”で購入したという「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
「清水さん、大変申し訳ないですけどあの店は10点満点で3.5点です」
「清水さん、大変申し訳ないですけどあの店は10点満点で3.5点です」拡大
「3.5点! そんなに低いの~!?」(写真=池之平昌信)
「3.5点! そんなに低いの~!?」(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・スープラ プロトタイプ(FR/8AT)【レビュー】 2018.12.7 試乗記 来月(2019年1月)に迫った正式発表を前に、トヨタが新型「スープラ」のプロトタイプ試乗会を開催した。そこで語られた新型のキャラクターとは? 実際のドライブフィールは? Clubpyme編集部員が、速報でお届けする。
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.11 試乗記 フルモデルチェンジで4世代目となった、アウディのフラッグシップサルーン「A8」に試乗。その走りは、隙のない技術的完成度を感じさせながらも、乗り手を和やかな気持ちにもさせてくれた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • BMW M850i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.11.27 試乗記 1990年代にBMWのフラッグシップクーペに与えられていた「8シリーズ」の車名が、およそ20年ぶりに復活。見るからにエレガントな新型は、ワイルドな走りを持ち味とするスポーツモデルとは対照的な、驚きの快速ツアラーだった。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
ホームへ戻る