「三菱RVR」の特別仕様車「アクティブギア」登場

2017.10.05 自動車ニュース
「三菱RVRアクティブギア」
「三菱RVRアクティブギア」拡大

三菱自動車は2017年10月5日、コンパクトSUV「三菱RVR」の特別仕様車「RVR ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を発表した。同年11月16日から販売を開始する。

「RVRアクティブギア」のインテリア。
「RVRアクティブギア」のインテリア。拡大
オレンジの差し色で飾られたヒーターコントロールダイヤル。
オレンジの差し色で飾られたヒーターコントロールダイヤル。拡大
17インチアルミホイールは、ブラックで塗装される。
17インチアルミホイールは、ブラックで塗装される。拡大
 
「三菱RVR」の特別仕様車「アクティブギア」登場の画像拡大

今回のRVRアクティブギアは、アウトドア用品のイメージを内外装のデザインに取り入れた特別仕様車。同様のモデルは、「デリカD:5」や「アウトランダー」でもラインナップされている。

ベースとなるのは、RVRの上級グレード「G」で、太陽や炎をイメージしたというオレンジを差し色とした内外装や、機能的な装備が特徴とされる。

主な特別装備は、以下の通り。

【エクステリア】

  • オレンジのLEDデイライトカバーおよびドアミラー
  • ブラックのフロントスキッドプレート、17インチアルミホイール、ベルトラインモール
  • ルーフレール
  • ACTIVE GEAR専用デカール

【インテリア】

  • オレンジステッチ入りのステアリングホイール、シフトノブ、センターアームレスト、フロアコンソールニーパッド、パーキングブレーキレバー
  • オレンジのヒーターコントロールダイヤル
  • ブラックのパワーウィンドウスイッチパネル
  • オレンジとシルバーのステッチを採用したスエード調人工皮革のコンビシート
  • 運転席および助手席のシートヒーター
  • 運転席パワーシート
  • 合成皮革のドアトリム
  • スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)

ボディーカラーは「チタニウムグレーメタリック」「ホワイトパール」「ブラックマイカ」の全3色。価格は以下の通りで、それぞれSDA非装着車は6万4800円安となる。

  • RVRアクティブギア(FF車):252万0720円
  • RVRアクティブギア(4WD車):275万7240円

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱がタイで新型パジェロスポーツを公開 2015.8.2 自動車ニュース 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)を7年ぶりにフルモデルチェンジしてタイで公開した。今秋タイで販売を開始し、その後オーストラリア、アセアン、中東、ロシアなどに順次拡大してく予定。
  • 「三菱eKワゴン/eKクロス」発表会の会場から 2019.3.28 画像・写真 三菱から新型「eKワゴン」と「eKクロス」が登場。全高1640~1685mmの軽ハイトワゴンで、特にeKクロスはSUVテイストのデザインが特徴の新しい派生モデルとなる。タレントの竹内涼真も登場した発表会の様子を、写真でリポートする。
  • 日産が軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジ 2019.3.28 自動車ニュース 日産自動車は2019年3月28日、軽乗用車「デイズ」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。パワートレインやプラットフォームを刷新したほか、一部グレードには軽自動車では初めて「プロパイロット」を搭載している。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
ホームへ戻る