トヨタ、「カローラフィールダー/アクシオ」をマイナーチェンジ

2017.10.11 自動車ニュース
「トヨタ・カローラフィールダー ハイブリッドG“W×B”」
「トヨタ・カローラフィールダー ハイブリッドG“W×B”」拡大

トヨタ自動車は2017年10月11日、「カローラフィールダー」と「カローラアクシオ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「カローラアクシオ ハイブリッドG」
「カローラアクシオ ハイブリッドG」拡大

予防安全装備を充実

今回のマイナーチェンジでは、踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新たに設定。また、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備とした。スマートエントリー&スタートシステムの設定拡大や、一部グレードへのクルーズコントロールの新設定もトピックのひとつ。

そのほか、エクステリアデザインにおいてはフロントバンパーやグリルを中心に意匠を変更。インテリアも、助手席側インストゥルメントパネルにメッキ加飾を施すなど、質感の向上を図っている。

モデルラインナップも一部変更しており、カローラアクシオに、スタイリッシュなデザインが特徴の新パッケージ“W×B(ダブルバイビー)”を設定した。

また、ハイブリッド車については、エンジン・モーター・インバーターなどの制御を改良することで燃費性能を向上させ、34.4km/リッター(JC08モード)の燃費を実現した。

価格は、カローラフィールダーが164万1600円から253万6920円。カローラアクシオが150万5520円から248万2820円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
カローラ アクシオ, カローラ フィールダー, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスE(FF/CVT)【レビュー】 2016.1.22 試乗記 ハイブリッドカーの先駆けである「トヨタ・プリウス」が4代目にフルモデルチェンジ。シリーズ最高で40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能や、このクルマで初採用されたトヨタの次世代技術「TNGA」など、話題満載の新型の走りをリポートする。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
ホームへ戻る