「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動

2017.10.11 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2017年10月11日、アルピーヌブランドモデルの日本における輸入販売事業を行うため、ビジネスユニット アルピーヌ・ジャポンを10月に設立したと発表した。CEOはルノー・ジャポン代表取締役社長の大極 司氏が務める。

アルピーヌ・ジャポンは、セールス、マーケティング、サービス等のオペレーション業務をルノー・ジャポンに委託し、事業を行う。同社は2018年初めに、新型車「アルピーヌA110」と、その販売に関する発表を行う予定だ。

(Clubpyme)

「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)
「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
  • アルピーヌが「A110」のカタログモデルを予約受注開始 2018.9.21 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンがミドシップスポーツカー「A110」のカタログモデルを発表。グレードはスポーティーな「ピュア」と快適性も考慮した「リネージ」の2種類で、価格は790万円から841万円となっている。販売開始は2018年11月の予定。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る