「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動

2017.10.11 自動車ニュース

ルノー・ジャポンは2017年10月11日、アルピーヌブランドモデルの日本における輸入販売事業を行うため、ビジネスユニット アルピーヌ・ジャポンを10月に設立したと発表した。CEOはルノー・ジャポン代表取締役社長の大極 司氏が務める。

アルピーヌ・ジャポンは、セールス、マーケティング、サービス等のオペレーション業務をルノー・ジャポンに委託し、事業を行う。同社は2018年初めに、新型車「アルピーヌA110」と、その販売に関する発表を行う予定だ。

(Clubpyme)

「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)
「アルピーヌA110」(写真はジュネーブモーターショー2017に出展された際のもの)拡大

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
  • 【東京オートサロン2019】トヨタが「マークX“GRMN”」を350台限定で販売 2019.1.11 自動車ニュース トヨタが「マークX“GRMN”」を350台限定で販売すると発表。TOYOTA GAZOO Racingが手がけたコンプリートカーで、3.5リッターV6エンジンと6段MTを組み合わせたパワープラントをはじめ、シャシーやボディーなど、各所に大幅な改良が施されている。
  • アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2019.1.9 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。
ホームへ戻る