第451回:ターゲットはF1マシン!?
「ヴァルキリー」の完成像をアストンのキーマンに聞いた

2017.10.15 エディターから一言

これが(ほぼ)完成形

公道走行可能なハイパーカー「ヴァルキリー」の日本でのお披露目にあたり、アストンマーティンのエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントであり造形部門のトップでもあるマレック・ライヒマンが来日し、プレゼンテーションを行った。そして幸運なことに、限られた時間ではあったがプレゼンに先駆けて個別でお話を伺える時間を得た。許された時間を軽くオーバーしてのインタビューとなり、その話題も多岐にわたったが、今回はヴァルキリーとアストンマーティンの今後の話のみにフォーカスし、その内容を一問一答式でお伝えしよう。

──今回お持ちになったヴァルキリーは、まだモックアップの状態ですよね?

そうですね。ただし、現時点で95%の完成度といえるところまで来ていて、これがほぼそのまま実車になると思っていただいていいでしょう。前にご覧いただいたときのモックアップは完全なコンセプトカーで、エイドリアン(レッドブル・レーシングのデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイ)と私が初めて会った後に一緒に作った、第1段階のコンセプトをカタチにしたものでした。今回のものはもっと進んでいて、ホイールベースは長くなり、ほんの少しワイドになり、インテリアもほぼ完成に近い状態です。シャシーもほぼできあがっていますし、パワーユニットを収めるスペースも現在開発中のものを収める前提でできています。だいぶ現実的ですよ。ちなみにパワーユニットは今、ベンチシステムを使ってのテストの段階にあります。もしかしたらクルマのどこかにまだ何らかの設計変更はあるかも知れませんが、あと12週間ぐらいのうちに完了する予定ですよ。

──前回のモックアップと比べて、細かな部分も含めてずいぶん変わった印象があるのですけれど。

そうですね。いろいろなところが変わっています。最も重要なのは、最初のコンセプトをしっかりと維持しながらクルマを作るということです。もちろん変更は、すべてそのためのものです。ひとつは1000kgに1000psという最初からのアイデアを実現させること。もうひとつはスピードのために空気のチカラを最大限に利用すること。着地点として、2016年のF1マシンと同じレベルのスピードを実現させることを目指しています。

現在開発が進められている“ハイパーカー”、「アストンマーティン・ヴァルキリー」と、マレック・ライヒマン。
現在開発が進められている“ハイパーカー”、「アストンマーティン・ヴァルキリー」と、マレック・ライヒマン。拡大
「ヴァルキリー」発表のために来日したマレック・ライヒマン。アストンマーティンのエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントであり、同社のデザイン責任者を務める。
「ヴァルキリー」発表のために来日したマレック・ライヒマン。アストンマーティンのエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントであり、同社のデザイン責任者を務める。拡大
ライヒマンの手によってアンベールされる「ヴァルキリー」。まだモックアップの状態だが、「これがほぼそのまま実車になる」とのこと。
ライヒマンの手によってアンベールされる「ヴァルキリー」。まだモックアップの状態だが、「これがほぼそのまま実車になる」とのこと。拡大
東京・渋谷で催された、「ヴァルキリー」の日本発表会の様子。
東京・渋谷で催された、「ヴァルキリー」の日本発表会の様子。拡大
「ヴァルキリー」の原型であり、2016年7月に発表された「AM-RB 001」。写真は2016年10月に日本で初披露されたときのもの。
「ヴァルキリー」の原型であり、2016年7月に発表された「AM-RB 001」。写真は2016年10月に日本で初披露されたときのもの。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事