第9回:オートモ号の真実
失敗と挫折から始まった日本自動車産業

2017.10.19 自動車ヒストリー 今でこそ世界規模のメーカーが名を連ねている日本の自動車産業界だが、その黎明(れいめい)期は失敗と挫折の繰り返しだった。日本人の手による自動車製造を志した山羽虎夫や内山駒之助、豊川順彌らの挑戦を、数々のエピソードとともに振り返る。

見よう見まねで蒸気自動車を製造

カール・ベンツがガソリン自動車の特許を取得した1886年は、明治19年にあたる。日本では鹿鳴館(ろくめいかん)で毎夜舞踏会が開かれていた。西洋列強に対して、文明国であることを必死にアピールしなければならなかった時代である。前年には初の内閣が成立し、伊藤博文が初代総理大臣に就任。東京では品川-赤羽間に鉄道が開通し、現在の山手線の原型ができた。憲法が発布されるのは3年後で、総選挙が行われるのはその翌年である。街での主な移動手段は人力車だった。

日本はまだアジアの小国にすぎず、工業といえばようやく繊維業が発展しつつあった程度である。自動車工業が生まれるのははるかに先の話だが、クルマが初上陸したのは意外に早い。1898年、フランス人のテブネが「パナール・エ・ルヴァソール」を持ち込んでいる。オートバイはもっと早く、十文字信介が1896年にドイツの「ヒルデブラント・ウント・ヴォルフミュラー号」を輸入している。

1903年、大阪で開かれた内国勧業博覧会に2台の自動車が出品された。「ハンバー」を持ち込んだジョージ・アンドリュース商会はデモ走行を披露し、観客から喝采を浴びた。岡山から来た実業家の楠健太郎と森 房造もその中にいた。商売になると考えた彼らは購入を考えるが、提示された価格は8000円だった。巡査の初任給が8円の時代で、とても支払える金額ではない。彼らは、自分たちで自動車を造ろうと決意する。

岡山に帰ると、電機工場を営んでいた山羽虎夫に自動車製造を依頼する。自動車など見たこともなかった山羽は、神戸で商社に勤める兄のもとを訪ねた。そこにあった蒸気自動車を観察し、見よう見まねで製作を開始する。わずか半年で蒸気エンジンを作り上げたのは驚異的で、1904年5月には試運転にこぎつけた。シャシーとボディーはケヤキ材で、2気筒25馬力の蒸気エンジンを搭載した、10人乗りのバスだった。

カール・ベンツが発明したガソリン自動車に特許が認められたのは1886年1月29日のこと。当時の日本は、まだ国の主導で繊維業が発達の途上にあるという状態だった。
カール・ベンツが発明したガソリン自動車に特許が認められたのは1886年1月29日のこと。当時の日本は、まだ国の主導で繊維業が発達の途上にあるという状態だった。拡大
山羽虎夫の製作した蒸気自動車。日本人が造った初めての自動車とされている。
山羽虎夫の製作した蒸気自動車。日本人が造った初めての自動車とされている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事