ボルボ・グループの新ブランド「ポールスター」がスタート

2017.10.19 自動車ニュース
上海で発表された「ポールスター1」。
上海で発表された「ポールスター1」。拡大

ボルボ・カー・グループの中で電動のハイパフォーマンスカーを扱う新しい独立ブランド「ポールスター」は2017年10月17日、中国・上海で同ブランド最初のモデルとなる2ドアスポーツカー「ポールスター1」を披露した。併せて、新工場の建設やポールスター車の販売方法など、同ブランドのビジネスに関する構想も発表した。

ポールスター(polestar)とは英語で「北極星」の意。車両には星をかたどったエンブレムが掲げられており、ボルボの名はない。
ポールスター(polestar)とは英語で「北極星」の意。車両には星をかたどったエンブレムが掲げられており、ボルボの名はない。拡大
ボルボ・カーズデザイン担当上級副社長兼ポールスター最高経営責任者(CEO)のトーマス・インゲンラート氏。
ボルボ・カーズデザイン担当上級副社長兼ポールスター最高経営責任者(CEO)のトーマス・インゲンラート氏。拡大
ポールスター最高執行責任者(COO)のジョナサン・グッドマン氏。
ポールスター最高執行責任者(COO)のジョナサン・グッドマン氏。拡大
「ポールスター1」のリアビュー。エクステリアデザインは、2013年のフランクフルトショーで発表された「ボルボ・コンセプト クーペ」の発展形といえるもの。
「ポールスター1」のリアビュー。エクステリアデザインは、2013年のフランクフルトショーで発表された「ボルボ・コンセプト クーペ」の発展形といえるもの。拡大
日本のakebono(曙ブレーキ)のブレーキシステムが用いられている。
日本のakebono(曙ブレーキ)のブレーキシステムが用いられている。拡大
「ポールスター1」のインテリア。
「ポールスター1」のインテリア。拡大

第1弾は600psのハイブリッドスポーツカー

今回発表されたポールスター1は、2リッターのガソリンエンジンと電動モーターを備えた2ドアクーペのハイブリッド車。ボルボのスケーラブル・プラットフォーム・アーキテクチャー(SPA)をベースにしながら、ポールスターのエンジニアが約50%新たに設計した骨格を用いており、最大で年間500台が生産される。すべてが左ハンドル車になるという。生産は中国で行い、顧客へは一般的な販売方法ではなく、サブスクリプション方式(ある一定の利用期間に対して、継続的に対価を支払ってもらう課金ビジネス)によって提供する。

ポールスター1の全長は約4.5m。ボディーの主要部分はカーボンファイバーで形成されており、これによって従来構造と比較して230kgもの軽量化を果たした。ねじり剛性も45%強化されており、ハンドリングの改善に役立っているという。

パワーユニットはボディーの前部に搭載された2リッター直4“T6”ガソリンエンジンと、リアアクスルの中心に直列配置された2基の電気モーターによって構成されている。最高出力600ps、最大トルク1000Nmというスペックを備え、電気モーター駆動(後輪駆動状態)だけで最長150kmの走行が可能。

また、“ダブルモーターユニット”と左右後輪の間にはそれぞれ遊星ギアが配置されており、ボルボ・グループとして初となるトルクベクタリング機構を持つ。車両の重量配分はフロント48:リア52と、運動性能を重視するスポーツカーらしいバランスがうたわれている。

生産は、上述のとおり中国で行われる。四川省の省都である成都に建設中の新工場「ポールスター・プロダクション・センター」(2018年半ばに完成予定)で2019年の半ばに始まる。

ポールスターブランドの第2弾としては、ボルボ・カー・グループ初の電気自動車(EV)「ポールスター2」が予定されている。米テスラの中型EV「テスラ3」がライバルの名として挙がっており、生産は2019年の終わりに始まる。それに続く第3弾「ポールスター3」はポールスター2より大きなEVのSUVで、価格的にはポールスター1と2の間に位置するものになるという。

ポールスターブランドの車両は100%オンラインで注文し、2年または3年を期限とした月額定額制方式による提供となる。契約に際して頭金はなく、月額にはピックアップとデリバリーのサービス、代車レンタルサービスなども含まれている。一方で、ポールスター車に触れることができる“路面店”として世界中に「ポールスター・スペース」を設ける予定だ。

(Clubpyme)

◆「ポールスター」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
1, ポールスター, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 ミドルサイズのボルボエステート「V60」が初のフルモデルチェンジ。見た目のイメージを大きく変えた新型は、ダイナミックな走りと優れた実用性が体感できる、実力派のスポーツワゴンに仕上がっていた。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/S60 T8ポールスターエンジニアード【海外試乗記】 2018.11.14 試乗記 日本にやって来るのはまだまだ先。とはいえ、快進撃をみせる新世代ボルボのミッドサイズセダンには要注目だ。アメリカ西海岸で試乗した新型「S60」の走りは果たして、あらためてこのブランドの勢いを感じさせるものだった。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
ホームへ戻る