メルセデス・ベンツが「GLE」に100台の限定モデルを設定

2017.10.26 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGLE350d 4MATICクーペ スポーツ オレンジアートエディション」
「メルセデス・ベンツGLE350d 4MATICクーペ スポーツ オレンジアートエディション」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年10月25日、「GLEクーペ」に特別仕様車「GLE350d 4MATICクーペ スポーツ オレンジアートエディション」を設定するとともに、AMGモデルの「GLE43 4MATIC」「GLE43 4MATICクーペ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
メルセデス・ベンツが「GLE」に100台の限定モデルを設定の画像拡大
 
メルセデス・ベンツが「GLE」に100台の限定モデルを設定の画像拡大
 
メルセデス・ベンツが「GLE」に100台の限定モデルを設定の画像拡大
 
メルセデス・ベンツが「GLE」に100台の限定モデルを設定の画像拡大
 
メルセデス・ベンツが「GLE」に100台の限定モデルを設定の画像拡大
「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」
「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」拡大
「メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ」
「メルセデスAMG GLE43 4MATICクーペ」拡大

ブラックとオレンジの対比が目を引く限定車

今回設定されたGLE350d 4MATICクーペ スポーツ オレンジアートエディションは、「GLE350d 4MATICクーペ スポーツ」をベースに、内外装に特別なデザインを取り入れた100台の限定モデルである。

具体的には、エクステリアではフロントスポイラーやドアミラーカバーなどを艶(あで)やかなブラック塗装とする「ナイトパッケージ」を採用。フロントバンパーと専用21インチAMGホイールにはオレンジのアクセントが施されている。インテリアも同様のカラーコーディネートとなっており、ブラックナッパレザー/DINAMICAスポーツシートやAMGフロアマットの随所にオレンジのアクセントが採用されている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • ナイトパッケージ<フロントグリルルーバー、ドアミラー、サイドウィンドウモール、リアディフューザートリム>
  • ブラックフロントスポイラーリップ(オレンジアクセント付き)
  • LEDインテリジェントライトシステム(ブラックアクセント付き)
  • ブラックペイント21インチAMG5ツインスポークアルミホイール(オレンジアクセント付き)
  • パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付き)
  • 「OrangeArt Edition」ロゴ付きサイドエンブレム
  • ブラックナッパレザー/DINAMICAスポーツシート(オレンジアクセント付き)
  • AMGフロアマット(オレンジアクセント付き)
  • ブラックルーフライナー

価格は1035万円。

AMG GLE43シリーズをよりパワフルに

一方、メルセデスAMG GLE43 4MATIC/GLE43 4MATICクーペについては、今回の一部改良で従来モデルより最高出力が23psの高い、390psの3リッターV6ツインターボエンジンを採用。またクーペに右ハンドル仕様が新設定された。

価格はGLE43 4MATICが1166万円、GLE43 4MATICクーペが1216万円。納車については2017年11月以降となる予定。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
GLE, GLEクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.21 試乗記 「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」に試乗。この最高出力510psの“暴れ馬”は、優しく御すだけでもそれなりの満足を与えてくれるだろう。しかし、絶えずムチを入れ続け、ギャロップさせてこそ見える世界もまたあるのだ。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ、マイナーチェンジした「マカン」を欧州で公開 2018.10.2 自動車ニュース 独ポルシェは2018年10月2日、マイナーチェンジを行った「マカン」をパリモーターショーで欧州初公開すると発表した。LEDヘッドライトを標準装備したほか、新意匠のテールライトなどがマイナーチェンジモデルの識別点となる。
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る