ロボットがプロライダーに真っ向勝負を挑む
ヤマハが目指す自動運転の形とは?

2017.11.01 デイリーコラム
第45回東京モーターショーに展示されている「ヤマハMOTOBOT」。
第45回東京モーターショーに展示されている「ヤマハMOTOBOT」。拡大

第45回東京モーターショー特設ページ「オススメの一台」のコーナーで、「ヤマハMOTOBOT(モトボット)」を推挙したモータージャーナリストの河村康彦氏。ところが、「あの文字数では全然書き尽くせていません」ということで、詳報を寄せてくれた。MOTOBOTを開発する、ヤマハの目的とは?

「MOTOBOT」は、アクセルやクラッチなどを人間と同じように手や指(のようなパーツ)で直接操作する。
「MOTOBOT」は、アクセルやクラッチなどを人間と同じように手や指(のようなパーツ)で直接操作する。拡大

ライバルはバレンティーノ・ロッシ

レベル3だレベル4だ、と、四輪自動車界(?)では“自動運転”に関する話題が引きも切らず。

が、そんな昨今の過当とも思える競争からは一歩身を引いて……というよりも、それらとは全く関係なく、何ともユニーク方法で“二輪車の自動運転”を目指してきたのが、2015年の東京モーターショーで初公開されたヤマハのMOTOBOTだ。

「モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合し、未知の領域を開拓する自律ライディングロボット」と、ヤマハが説明するこのロボットが目指すのは、二輪のトップライダーであるバレンティーノ・ロッシ選手と同型のバイクで、彼がライディングするよりも速いサーキット・ラップタイムを記録すること。そして、このプロジェクトの最大の特徴は、基本的にマシン(バイク)には一切手を付けず、ロボットの制御のみでそれを達成しようとしている点にある。

高精度なGPSと3次元地図データを用いて理想的な走行ラインをフォローするように、ヒト型ロボットに組み込まれたアクセルとブレーキ、クラッチ、シフト、そしてステアリングの操作を行う各アクチュエーターをコントロールする、というのが基本的な仕組み。ちなみに“体重移動”は行わず、ステアリング操作によってバランスをキープするというのもちょっと驚きだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事