東京モーターショーで大人気
カワサキの新たな「Z」に思うこと

2017.11.03 デイリーコラム

単なる懐古趣味車じゃない

今回の東京モーターショーで大きな話題になっていたのが、カワサキの「Z900RS」だ。1970年代、世界的に人気だった「Z1」をオマージュとしたマシンである。

最近の旧車人気もあってZ1は今、大変な金額で取引されるようになっている。それにつられて「ゼファー1100」の価格も高騰した。けれど、バリバリ旧車趣味の人たちが今回のZに反応したわけではない。Z1に憧れはしても「旧車で苦労したくないなあ」とか「さすがにあの値段出して旧車は買わないけど」というような思いで見ていた普通のライダーたちのハートに響いたのである。

と書くと「そういうネイキッドは今までもあったじゃないか」と思うかもしれない。意外に思われるかもしれないが、国内メーカーでガッツリ70年代の名車をオマージュしたマシンというものは、それほど多くない。

世界的な人気となったZ1に関しても、同じ空冷のゼファーをZのカラーリングにしてみたり、まったく違うデザインのネイキッドにZという名前をつけてみたりした程度。言ってみれば20年以上にわたってカワサキの壮大な焦らし作戦が行われていたようなもの。

ちなみにこういうマシンを作る場合、今まではメカニズムもあえてノスタルジックさを求めてリア2本ショック、空冷エンジンなどにしていた。しかしZ900RSは水冷エンジンにリアはリンク式のサスペンションで17インチのラジアルタイヤと、最新スペックを詰め込んでいる。

このことを評価する声は多い。徹底的にレトロで行くのであればともかく、そうでないのなら中途半端に性能で劣る装備を持ってきても意味がないというのである。

東京モーターショー2017に出展された、カワサキの新型車「Z900RS」。会場では、多くの来場者に注目されていた。国内での発売日は2017年12月1日で、価格は、キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジのモデル(写真)が132万8400円、メタリックスパークブラックのものが129万6000円。
東京モーターショー2017に出展された、カワサキの新型車「Z900RS」。会場では、多くの来場者に注目されていた。国内での発売日は2017年12月1日で、価格は、キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジのモデル(写真)が132万8400円、メタリックスパークブラックのものが129万6000円。拡大
エンジンは、水冷の948cc直列4気筒。最高出力111ps、最大トルク98Nmを発生する。
エンジンは、水冷の948cc直列4気筒。最高出力111ps、最大トルク98Nmを発生する。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • カワサキZ900RSカフェ(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.7 試乗記 2017年末にデビューするや、往年の名車「カワサキZ1」を思わせる姿でベテランライダーのハートをわしづかみにした「Z900RS」。今回は、一段とスポーティーなたたずまいを見せる、その“カフェレーサー仕様”に試乗した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る